認可外保育施設利用料等補助金

補助対象児

認可外保育施設に入所している児童で、次の1から3の要件をすべて満たしている児童が対象となります。

1 市内に住所を有し、かつ、本市の住民基本台帳に記録されていること。

2 平成28331日において3歳未満であること。

3 保護者のいずれもが条例第3条第1項各号のいずれかに該当することにより児童を保育することができないため、市内の認可外保育施設に入所していること。 

補助金交付の対象者 

補助金交付の対象となる方は、次の各号のいずれにも該当する方です。

1 市内に住所を有し、かつ本市の住民基本台帳に記録されていること。

2 補助対象入所児の保護者であること。

3 補助対象入所児につき、市内の認可保育所の定員に対し、入所可能者数に余裕がない等の理由により当該保育所に入所させることができないため、やむを得ず市内の認可外保育施設に入所させていること。

4 補助対象入所児につき、市内の認可外保育施設と月を単位とする保育に係る契約を締結していること。
5 月60時間以上補助対象入所児を市内の認可外保育施設に入所させていること。  

6 市内の認可外保育施設の利用料等を滞納していないこと。

7 市税を滞納していないこと。

補助金の月額

 補助金の月額は、市内の認可外保育施設利用料の月額等(昼食を含む。短時間認定は8時間まで、標準時間認定は11時間までを対象とする。)から、市内の認可保育所保育料の月額を引いた額(その額に100円未満の端数があるときは、端数金額を切り捨てた額)です。ただし、補助金交付の対象者がその雇用主から認可外保育施設の利用に係る補助等を受けている場合は、その補助を差し引いた額となります。

手続きの仕方

1 受付 

 市役所幼児保育課(6F)に来庁し、受付をします。その際保育園入所申込書、就労証明書、その他必要な書類の様式をお渡しします。

2 申込

 上記の1の書類に必要事項を記入し、市役所幼児保育課(6F)に提出します。

3 補助金申請に必要な書類の郵送

 保育園の入所条件に合った場合、後日幼児保育課から保育園入所不承諾通知書と共に補助金申請に必要な書類がご自宅に郵送されます。
<参考>
 1
入所証明兼施設利用料領収証明書
 2 就労証明書
 3 市税の完納証明書
 4 補助対象者がその雇用主等から認可外保育施設の利用に係る補助等を受けている場合は、雇用主等が発行する認可外利用料補助通知書等の写し
 5 その他市長が必要と認める書類

4 補助金の申請

 上記3で郵送された書類に必要事項を記入し、以下の申請時期に市役所幼児保育課(6F)に提出してください。

 
 申請後に申請内容に変更があった場合は、すみやかに変更のあった書類を提出してください。

申請時期

 

認可外保育施設 利用時期

申請締め切り日

第1期

平成28年4月1日~平成28年6月31日

平成28年7月20日

第2期

平成28年7月1日~平成28年9月30日

平成28年10月20日

第3期

平成28年10月1日~平成28年12月31日

平成29年1月20日

第4期

平成29年1月1日~平成29年3月31日

平成29年3月31日