ノロウィルスに気をつけましょう

「ノロウィルス」に気をつけましょう

ノロウィルスによる感染性胃腸炎や食中毒は冬場に流行します。

ノロウィルスは人の手や食品などから感染し、人の腸内で増え、嘔吐や腹痛、下痢などをおこします。症状は1~2日で軽快してしまい、発熱はあっても微熱程度のため「風邪をひいたかな」程度で終わってしまう人も多くいます。

しかし、子どもや高齢者が感染すると重症化したり、嘔吐物を喉に詰まらせる危険もあります。また、感染力が強いので、正しい対応をしないと感染を広げていくので注意が必要です。

 

家庭でできる予防のポイント

1 調理や食事の前・トイレの後には流水と石鹸で必ず手を洗いましょう。
2 食品はしっかり加熱しましょう。
3 感染した人の嘔吐物は、使い捨て手袋などを使用し、すみやかに捨てましょう。また、嘔吐物が付着したところはしっかり消毒しましょう。

※消毒用アルコールはノロウィルスには効果がないといわれていますので、床や衣服、調理器具などの消毒には家庭用の塩素系漂白剤(ハイターなど)を使用しましょう。なお、使用の際は注意事項を必ず確認してください。

 
詳しくは、厚生労働省:ノロウィルスに関するQ&A<外部リンク>をご覧ください。