地域ねこ活動について
 東海市では、地域の野良猫問題を解決する方法として「地域ねこ活動」を推進しております。 

地域ねこ活動とは?

 野良猫を適切に飼養・管理するために、地域の住民の 合意 協力のもとで共同飼養する活動のことです。
 その地域に住んでいる住民たちが協力し、ボランティア団体の助け等も得ながら、地域に住み着いている野良猫に避妊去勢手術を行い、今以上に数が増えないように管理します。
 併せて、エサやりやフンの始末を適切に行なうことにより、猫によって迷惑を被っている住民たちの理解が得られるよう配慮をし、また、エサ場やトイレの管理をすることで、地域の環境美化にもつながります。
 「地域ねこ活動」はこうして、地域ぐるみで、今地域にいる猫を飼養しながら、徐々に頭数を減らし、トラブルの解決をめざすものです。

※ 愛知県発行「所有者のいないねこの適正管理マニュアル」参考

所有者のいない猫の適正管理マニュアル

 東海市内で活動するボランティア団体「ニャンごろ輪地域ねこの会」発行のパンフレットです。
 所有者のいない猫の適正管理マニュアル(PDFファイル、336KB)