アルゼンチンアリについて
  アルゼンチンアリは「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」に基づき「特定外来生物」として指定されている、南米原産のアリです。
 日本国内では平成5年に広島県(廿日市市)で最初に発見され、その後兵庫県、山口県、愛知県、神奈川県、岐阜県、大阪府、京都府、静岡県、徳島県、東京都、岡山県で確認されています。
 愛知県内では、平成17年に田原市、平成23年に豊橋市で生息が確認され、東海市では平成27年4月に確認されました。

 
ari(写真は、環境省中部地方環境事務所より提供)
 働きアリ。全体的に茶色で、体長は2.5~3.0mm。在来種のアリより素早く動く。
 
 雑食性で、アブラムシ類の甘露や花の蜜の他、果物、トウモロコシなどの芽、花、実、昆虫などの遺体をエサとし、人間の食べ残しなどにも行列を成して群がることがあります。
 巣は在来種のアリのように地面に深く作ることはなく、地面の表層、コンクリートの割れ目、ブロックの隙間、植木鉢やプランターの中や下、廃棄された空き缶や容器、積もった落ち葉の中など、様々な小空間が利用されます。
 働きアリは気温5度から35度で活動し、在来のアリのように冬眠の習性はなく、真冬でも昼間の温度の上がった時間帯や家屋内においては活動が確認されています。


 
 
アルゼンチンアリによる被害

1 生態系への影響
 元々日本に住んでいる種類のアリ(在来種)の減少や絶滅、また、それによる他の生物や地域の植生の変化など、生態系を壊してしまう恐れがあります。
2 人の生活や健康への被害
 家の中へ侵入し、行列を作り食べ物に群がることがあります。
 また、他の自治体において、寝ている間に人間の身体にかみつき、ゆっくり眠れないという被害も報告されています。

 

市内での確認箇所

 市内での確認箇所については下図のとおりです。
 南柴田町及び新宝町の一部(工業専用地域または工業地域に該当)
map

 

アルゼンチンアリの見分け方
 環境省作成のパンフレットをご確認ください。
 
アルゼンチンアリの見分け方(PDFファイル,2.24MB) (環境省中国四国地方環境事務所発行)
 
 アルゼンチンアリと思われるアリを見つけましたら、生活環境課へご相談ください。