各種手続きに、マイナンバーの提示・記入が必要となります
27年10月にいわゆる「番号法」が施行され、28年1月からマイナンバーの利用が開始されるのに伴い、窓口などで各種手続きをする際、マイナンバーの提示・記入が必要となります。関係する手続きなどについては下表のとおりです。
なお、マイナンバー確認及び身元確認のため、「個人番号カード」もしくは「通知カード又は(個人番号が記載された)住民票の写し又は住民票記載事項証明書+身分証明書(顔写真付きは1つ、顔写真なしは2つ)」の提示が必要となります。
また、代理人が手続きする場合は、本人のマイナンバーの提示に加えて、代理権確認のため、法定代理人の場合は戸籍謄本等が、任意代理人の場合は委任状が必要となり、合わせて代理人の身元確認のために身分証明書(顔写真付きは1つ、顔写真なしは2つ)の提示が必要となります。
詳しくは、各担当課にお問い合わせください。
対象となる手続きなど 担当課

国民健康保険に係る各種手続き

市役所国保課(1階)

後期高齢者医療制度に係る各種手続き

児童扶養手当に係る各種手続き

市役所女性・子ども課(6階)

東海市援護扶助費(児童)に係る各種手続き

児童手当 市役所市民窓口課(1階)
介護保険に係る各種手続き しあわせ村高齢者支援課
妊娠届出 しあわせ村健康推進課
身体障害者手帳

(18歳以上)

市役所社会福祉課(1階)

(18歳未満)

市役所幼児保育課(6階)

精神障害者保健福祉手帳

自立支援給付(障害福祉サービス)

自立支援医療

特別障害者手当・経過的福祉手帳

市役所社会福祉課(1階)
特別児童扶養手当 市役所幼児保育課(6階)
障害児福祉手当
障害児通所支援
市税に係る各種手続き 市役所税務課(1階)
※上記項目は28年1月時点のものです。今後、上記以外の手続きにもマイナンバーの提示・記入が必要となる場合がありますので、ご注意ください。