国民保護の取り組み
国民保護とは

万一、武力攻撃や大規模テロ等が起こった場合に、国民の生命、身体及び財産を保護するため、国、県、市町村及び関係機関が情報提供や避難誘導、救助活動等の措置を迅速に実施するための仕組みです。

 

東海市国民保護計画.PDF(1,950KB)

武力攻撃事態等から、市民の生命、身体及び財産を保護することを目的とした計画です。

 

弾道ミサイル等の対応について

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、全国瞬時警報システム(Jアラート)から防災行政無線を通じて特別なサイレン音が流れるほか、東海市が販売する防災ラジオや、個人の携帯電話に緊急情報が配信されます。

 

各種サイト

・内閣官房国民保護ポータルサイト(外部リンク)

・総務省消防庁(外部リンク)

・愛知県国民保護計画(外部リンク)

参考

 


このマークは、ジュネーブ諸条約の第一追加議定書第66条3に規定されている特殊標章です。
国民保護措置を実施する要員や建物、物品を保護し、避難所を識別するためのものです。