避難する際の注意点など

シェイクアウト

※ 図は、地震発生の場合

 

大規模災害が発生したら、まずは身を守り、周囲の安全を確認してから行動しましょう。

 

避難の流れ

避難の流れ

※ 図は、地震発生の場合

 

避難を判断する目安

避難のタイミングを適切に判断するためには、テレビやラジオ、公的機関の公式サイトなどから正しい情報を入手するとともに、火災や土砂災害の恐れなど、周辺の状況を自らの目で確かめることも重要です。

 

災害の危険から命を守る緊急避難

・避難勧告や避難指示(緊急)などが発令された

・津波や土砂災害などの危険が迫っている

・近隣で火災が発生し、延焼の恐れがある

・自宅や周辺でガスの臭いがしており、漏れている可能性がある

 

自宅が被災した場合などで避難する目安

・自宅から出た火が背の高さを超えて大きくなった

・自宅の建物が倒壊する恐れがある

・ライフラインが止まり、自宅に食料などの備蓄がない

・余震が続くなど、自宅にとどまるのに不安がある

 

地震発生後に避難をする場合のポイント

・避難する前に火の元を確かめ、ガスの元栓を閉めてブレーカーを落とす

・家族に自分の安否情報を知らせるため、避難先などのメモを残す

・特別な理由がある場合を除き、避難先までは車を使わずに徒歩で行く

・近所の人たちにも声をかけ、できるだけ集団で避難する

・狭い道、塀のそば、川べりなどの危険個所を避けて避難する

 

スマートフォンなどで伝言を残す又は確認する方法

災害伝言ダイヤル