東海市防犯カメラの設置及び運用に関するガイドラインについて

 ガイドラインを策定する目的

 防犯カメラの設置については、犯罪の抑止効果があるとともに、犯罪発生時の的確な対応に極めて有効であり、安全で安心して暮らせるまちの実現に大きな役割を果たすものです。一方で、市民生活の拠点となる空間への防犯カメラの設置により、個人のプライバシーを侵害することがないよう、十分留意することが必要です。

  本市においては、防犯カメラの設置者が自主的に実施すべき事項を定めた「東海市防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン」を作成しています。

 防犯カメラの設置及び運用に当たっては、このガイドラインを参考に適切な措置を講じるようお願いします。

 

東海市防犯カメラの設置及び運用に関するガイドライン(別紙 管理規程参考例含む).pdf(382KB)