危機関連保証制度

新着情報

【令和3年5月17日更新】

・市長交代に伴い、各様式の変更を行いました。

対象者

売上高等が減少する等、経営に支障を生じている中小企業者

企業認定基準

次の(1)、(2)のすべてに該当する方
(1) 金融取引に支障を来しており、金融取引の正常化を図るために資金調達を必要としている。

(2) 下記の指定案件に起因して、原則として、最近1か月間の売上高等が前年同月比で15%以上減少しており、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同期比で15%以上減少することが見込まれる。

【令和3年2月24日追記】

新型コロナウイルス感染症の影響は令和2年2月から発生したと整理されることから、令和3年3月以降の認定については、

前年同期に新型コロナウイルス感染症の影響を受けていた場合、前々年同期と比較することとする。

前年同期に新型コロナウイルス感染症の影響を受けていない場合、前年同期と比較することとする。

指定案件

詳しくは こちら<外部リンク(中小企業庁)>

申請に必要な書類

(1) 認定申請書(PDF形式116KB)

     ※認定書の有効期限は、認定書に記載された日と中小企業信用保険法第二条第六項の規定に基づき

      経済産業大臣が指定する機関の周期のいずれか先に到来する日となります。

(2) 売上高及び売上高見込み明細表(PDF形式273KB)

(3) 委任状(PDF形式217KB) ※申込者が本人でない場合のみ

(4) 売上高等の確認書類

(5) 法人(個人)の確認書類

(6) 個人事業の開廃業等届出書(写) ※市外在住の個人事業主の場合のみ

〈参考〉

提出書類チェック表(PDF形式153KB)

認定申請書記載例(PDF形式166KB)