東海市高齢者安全運転支援装置設置費補助制度
全国的に高齢運転者による交通事故が多発していることから、市では令和2年(2020年)4月1日から65歳以上の高齢者が現在乗っている自家用車に後付けで安全運転支援装置を設置した場合、その購入及び設置費の一部を愛知県と協調して補助します。

令和2年度東海市高齢者安全運転支援装置設置費補助金交付要綱.pdf(335KB)

対象者

東海市内に在住し、令和2年度に満65歳以上(1956年/昭和31年4月1日以前の生まれ)となる方で、有効な自動車運転免許証を保有していること等の補助対象条件すべてを満たす方

対象装置

一般社団法人次世代自動車振興センターが支援装置の販売及び設置を行う者として認定した者が設置した安全運転支援装置

対象経費

販売価格から国の助成額を差し引いた購入及び設置費

交付申請額

対象経費×4/5と上限額を比較して少ない額(1,000円未満切り捨て)

※上限額:障害物検知機能付き32,000円,障害物検知機能なし16,000円

提出書類

(1)東海市高齢者安全運転支店装置設置費補助金交付申請書兼実績報告書(様式1).pdf(133KB)

(2)市税の完納証明書(様式2).pdf(74KB)※市役所総合窓口又は収納課にて事前に証明済みのものを持参してください。

(3)東海市高齢者安全運転支援装置設置費補助金交付請求書(様式5).pdf(71KB)

(4)販売設置業者が発行する「安全運転支援装置販売・設置証明書」(様式6)※販売店にて記入されたもの

(5)販売設置業者が発行する支援装置の名称、機能並びに当該支援装置の購入及び設置に要する費用が分かる書類※明細書、内訳書等

(6)支援装置の購入及び設置に要する費用の支払いが確認できる書類※レシート、領収書等

(7)自動車検査証の写し

(8)自動車運転免許証の写し

申請方法

令和2年(2020年)4月1日(水曜日)から令和3年(2021年)3月5日(金曜日)までに提出書類、印鑑及び申請者名義の銀行等の口座番号の分かるものを持参して、市役所交通防犯課(3階)へ。