東海市独自の取り組みについて

東海市独自の取り組みについて

   本市では、感染リスクの高い高齢者等の方への感染拡大を防止するとともに、新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者及びその家族について、必要な支援を行うため、東海市独自で以下の取り組みを行います。

1  介護施設等職員PCR検査費の補助について
1 内容

介護施設等職員又は利用者が感染者となった場合、施設等での濃厚接触者については保健所がPCR検査を実施しますが、濃厚接触者と認められた施設等職員以外のうち、利用者の安全のため、当該施設等の責任者が必要と認める職員がPCR検査を受検した際の検査費用について一部補助を行います。

2 対象者

新型コロナウイルス感染症の感染者が発生した市内の介護施設等に勤務する職員のうち、濃厚接触者と認められた以外の施設等職員

3 問い合わせ先

東海市市民福祉部高齢者支援課(しあわせ村内)
電話 052-689-1600
平日午前8時30分から午後5時15分

2  市業務継続のためのPCR検査の実施について

市職員が感染者となった場合、濃厚接触者については保健所等がPCR検査を実施していますが、 代替のない消防職員等の業務を継続するため、市民生活に多大な影響を与える部署の職員のうち、濃厚接触者と認められた以外の市職員に対して、市独自でPCR検査を受検させます。

問い合わせ先

東海市企画部職員課
電話 052-603-2211 0562‐33‐1111
平日午前8時30分から午後5時15分

3 介護保険事業所に対する新型コロナウイルス感染症予防の啓発及び支援について
1 内容

介護保険事業所の利用者の感染症予防の実施とともに、事業所において、改めて新型コロナウイルス感染症予防対策の徹底を図るため、介護保険事業所に対する支援及び施設職員への啓発を行っています。

2 支援及び啓発

手指消毒液を配付

高齢者施設における新型コロナウイルス感染症発生に備えた対応に関する文書を配布

3 問い合わせ先

東海市市民福祉部高齢者支援課(しあわせ村内)
電話 052-689-1600
平日午前8時30分から午後5時15分

4 緊急時生活支援チーム「COVID(コビット)19(じゅうきゅう)」について

新型コロナウイルス感染症による、濃厚接触者及びその家族、自宅等で待機をしている海外からの帰国者等の皆様が外出せずに生活ができるよう、支援を行っています。

1 対象者

濃厚接触者及びその家族、自宅等で待機をしている海外からの帰国者等

2 支援期間

自宅待機の協力を求められた期間

3 支援内容

生活支援ホットラインの開設
健康観察のお電話をします。
不安なこと、支援して欲しいことをご相談ください。
生活に必要な食糧及び日用品の調達支援、持病薬の受け取りも行っています。

小中学校、保育園等の関係機関と連携し支援を行います。
ただし、東海市が市中感染の状況に該当する場合は、支援は終了となります。   

4 問い合わせ先

東海市市民福祉部健康推進課(しあわせ村内)
電話 052-689-1600
平日午前8時30分から午後5時15分

※お電話の際には、「コビット19の支援を受けたい」とお申し出ください。

(参考) 支援世帯数 27世帯(令和2年7月31日現在)

5 濃厚接触者の家族への宿泊施設を活用した支援 について
1 支援内容

濃厚接触者の家族の中には高齢者や基礎疾患のある方がおり、濃厚接触者との接触によって感染リスクが高まることを防ぐため、濃厚接触者の方やそのご家族の方などが安全に安心して待機期間を過ごすことができるよう、特に感染リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方に宿泊施設を活用した支援を行います。

2 対象者

・濃厚接触者の家族で、特に感染リスクの高い高齢者や基礎疾患のある方

・その他市長が必要と認める方

3 期間

PCR検査で濃厚接触者の結果が判明するまでの間 

4 問い合わせ先

東海市市民福祉部健康推進課(しあわせ村内)
電話 052-689-1600
平日午前8時30分から午後5時15分