(仮称)創造活動・歴史文化交流施設【令和7年春開館予定】

(仮称)創造活動・歴史文化交流施設

令和4年12月末をもって閉館する文化センターの跡地に、「新しいまちづくりの拠点」として、(仮称)創造活動・歴史文化交流施設を、令和7年春開館に向けて整備します。

 

以下、(仮称)創造活動・歴史文化交流施設の整備概要やスケジュールについてお知らせいたします。

整備概要

「横須賀文化の発信拠点」、「映像(映画)を中心とした創造活動の場」、「多世代交流の場」をコンセプトに、地域の歴史文化を学び、体感するとともに、「映像」を活用することにより、生涯学習活動や創造活動の発展と人々の交流を促進します。また、「木材」の活用等による環境への配慮等、長く人々に愛され、利用される施設を目指します。

工事場所

東海市横須賀町狐塚地内(文化センター跡地)

階数

2階建

延床面積

2,500平方メートル程度

機能

  • ホール・展示機能(映像ホール、ギャラリー等)
  • 交流促進機能(歴史文化・情報発信コーナー、レストラン・カフェ等)
  • 活動支援機能(会議室、編集エリア等)
  • 管理機能(管理事務室等)

設計業務受託者

株式会社隈研吾建築都市設計事務所

スケジュール(予定)

令和4年度 設計、地質調査等
令和5年度 建設工事開始等
令和6年度 建設工事完了
令和7年度 開館

イメージ※

※設計を進める中で変更する可能性があります

建物イメージ

▲手前は屋外広場、屋内はギャラリー

建物イメージ2

▲左から大階段、メインストリート、テラス

令和4年5月9日記者会見の様子

令和4年5月9日記者会見の様子

▲隈研吾氏(左)と花田東海市長(右)

記者会見資料

令和4年5月9日記者会見資料(PDF:1229KB)

新施設整備基本計画

新施設整備基本計画(令和4年(2022年)1月策定)