市議会のしくみ

市議会と議員

市議会は、市民の皆さんの考えが市政に十分反映されるよう、市の仕事について議論し、決定するとともに、日常業務を監視する役割を持っています。

議長・副議長

議長と副議長は、議会において議員の中から選挙で選ばれます。
議長は、議会の運営や秩序維持にあたり、対外的に市議会を代表します。
副議長は、議長が欠けたり病気で不在のときにその代わりをつとめます。

本会議

本会議には、「定例会」と「臨時会」があり、定例会は3月、6月、9月、12月の年4回開かれます。臨時会は、市長が必要とするときや、議員定数の4分の1以上から市長に請求があったときに開かれます。

委員会

議案などは最終的に本会議で可否が決められますが、市政は間口が広いためにあらかじめいくつかの委員会を設け、まずそこで専門的に審査します。委員会には常任委員会、議会運営委員会、特別委員会があります。
常任委員会は、範囲が広く専門化している案件を能率的に審査・調査するためのものです。東海市議会には、総務消防委員会、文教厚生委員会、建設環境経済委員会の3委員会があります。
議会運営委員会は、議会の会期や、議案等の取扱いを協議するためのものです。
特別委員会は、特に重要な案件などを審査・調査するためのものです。

会派

市議会内では、市政について同じ考えや意見を持っている議員が集まって、それぞれグループをつくっています。これを「会派」といいます。