平成19年度財務書類

平成19年度バランスシート(総務省方式)

バランスシートとは

バランスシートとは、これまでに普通会計で形成した資産の状況と資産を形成するために使われた財源の状況とを対比するもので、総務省の示す全国共通の基準に基づき作成されています。
東海市の有する資産は2,018億円で、その大部分が有形固定資産により形成されており、そのうち約半分を道路、公園などの土木費が占めています。
負債は335億円で、このうち地方債残高は172億円となっています。
国庫支出金、県支出金及び一般財源等から構成される正味資産は、1,683億円となっています。
資産のうち目立って増加しているのは現金・預金 財政調整基金です。また、減少しているのは基金 特定目的基金です。
このバランスシートをもとに、市民1人あたりの資産等の額を求めたものが、「市民1人あたりのバランスシート」です。1人あたりの資産額が189万円、地方債残高は16万円となっています。

普通会計… 地方財政の統計上、全国統一して用いられる会計
資産… 道路や建物、基金など、複数年にわたって地方公共団体の経営資源として用いられると見込まれるもの
負債… 資産を形成するために用いられた財源のうち、将来において支払や返済の必要があるもの
正味資産… 資産を形成するために用いられた財源のうち、将来において支払や返済の必要がないもの