妊婦健診を受けましょう

妊婦健康診査を受診しましょう

※妊婦健康診査の補助は、母子健康手帳発行後のみ有効です

新生児聴覚検査費用の補助をはじめます

新生児の聴覚障害の早期発見及び早期療育を図るために新生児聴覚検査費用の補助を令和元年(2019年)6月1日から開始します。

対象者  令和元年(2019年)6月1日以降に生まれた赤ちゃん 
補助期限 生後1か月以内 
補助金額 5,000円 (上限)
補助方法

母子健康手帳交付時にお渡しした新生児聴覚検査受診票を医療機関へ提出して検査を受けてください。

※既に母子健康手帳の交付を受けている妊婦の方で、出産予定日が令和元年(2019年)5月15日以降の方には新生児聴覚検査受診票を郵送しています。

 

妊娠したらどうしたら良いの?

  • 妊娠に気づいたら、まずは産婦人科を受診しましょう。妊娠が安定したら妊娠届出書を書いてもらい、妊娠届出書を市役所かしあわせ村の窓口へ持参し、妊娠の届出をしてください。

  • 窓口では、母子健康手帳の交付とともに、妊婦健康診査受診票の交付、保健師等による相談、母親教室・両親学級の紹介、各種の情報提供などを受けることができます。

  • その他、妊娠・出産についてのお悩みも、健康推進課までご相談下さい。

      母子健康手帳の交付についてはこちら
      母子健康手帳の交付のページへ

      妊婦健康診査を必ず受けましょう!

       

      • 妊娠中は、ふだんより一層健康に気をつけなければなりません。

      • 少なくとも毎月1回(妊娠24週(第7か月)以降には2回以上、さらに妊娠36週(第10月)以降は毎週1回)、医療機関などで健康診査を受けてください。

      妊婦健診って何をするの?

      • 妊婦さんの健康ぐあいや、お腹の赤ちゃんの育ちぐあいをみるため、身体測定や血液・血圧・尿などの検査をします。

      • 特に、貧血、妊娠高血圧症候群、妊娠糖尿病などの病気は、お腹の赤ちゃんの発育に影響し、母体の健康を損なうことがあります。

      • 妊婦健診を受けることで、病気などに早く気づき、早く対応することができます。

    • 妊産婦・乳児健康診査票の使い方

    •  

      受診票の
      種類
      (1)妊婦健康診査受診票は14枚あります。妊娠中であればいつでも使用できますので、各受診票に記載されている時期を参考に健診を受けましょう。
      (2)子宮頸がん検診受診票は1枚あります。妊娠16週ごろまでに実施してください。
      (3)産婦健康診査受診票は2枚あります。産後8週までに使用してください。

      (4)新生児聴覚検査受診票は1枚あります。生後1か月までに使用してください。

      令和元年(2019年)6月1日以降に生まれた赤ちゃんが対象となります。

      (5)乳児健康診査受診票は2枚あります。受診時期の目安を参考にしながら1歳までに使用してください。
      使用方法 愛知県内の医療機関で使用する場合は、医療機関へ受診票を提出してください。
      愛知県外や助産所等で受診される方は、支払いは各自で済ませ領収書を受け取り、次の申請方法により補助を受けてください。
      ※母子健康手帳発行日以降の健康診査に限ります。
      申請方法 県外や助産所等で受診された方は、受診後に申請してください。
      【申請に必要なもの】
      (1)未使用の受診票(2)領収書(3)印鑑(4)健康診査の受診結果がわかるもの(母子健康手帳等)
      (5)振込先のわかるもの
      【申請場所】
      しあわせ村健康推進課 平日8時30分~17時まで
      【申請時期】
      申請に必要なものがそろえばいつでも申請できますが、お子さんの1歳の誕生日までに申請してください。

       

      転入出の際

      • 他市町村から東海市に引越したとき

       転入の際、前の市町村で交付された妊産婦・乳児健康診査受診票は、東海市発行のものと差し替える必要があります。当市への転入後は前の市町村で交付された受信票は使用できません。母子健康手帳と、前の市町村で発行された妊産婦・乳児健康診査受診票をお持ちの上、しあわせ村健康推進課までお越しください。

      • 東海市から他市町村へ引越すとき

       転入先の市町村への転入手続き後は、東海市発行の妊産婦・乳児健康診査受信票は使用できません。転入先の市町村にご相談の上、差し替え手続き等を行ってください。

    • 気をつけたい症状

      次のような症状が出たら早く医師に相談を!

      むくみ がんこな便秘
      性器出血 普段と違うおりもの
      腹痛 強い頭痛
      発熱 つわりで衰弱がひどい
      下痢 イライラ
      めまい 動悸が激しい
      はきけ・嘔吐 今まであった胎動を感じなくなったとき
      強い不安感

      働いている妊婦さんへ

      会社に申し出れば、勤務時間内に妊婦健診を受診するための時間をとることができます。(男女雇用機会均等法第12条)

       

      ★詳しくは、愛知労働局雇用均等室にご相談下さい。

      雇用均等室所在地一覧:(厚生労働省:都道府県労働局雇用均等室)
       <リンク先組織名:厚生労働省都道府県労働局>
        ※市以外のページへリンクします。

    •