脳脊髄液減少症について
『脳脊髄液減少症』とは、頭部などへの強い外傷により脳脊髄液が漏れ続け、頭痛、頚部痛、めまいなどの様々な症状を引き起こす病気と言われていますが、現時点では診断基準や治療方法が確立されていません。

平成19年に研究班が設置され、現在、研究が行われておりますが、一方でこういった症状があるにもかかわらず、診療を行っている病院がわからないといったご要望も県等へ上がっています。
現在、愛知県のホームページに「脳脊髄液減少症状の診断が可能な病院一覧」や、「関係患者等団体リンク」が掲載されておりますので、参考にしてください。

 「脳脊髄液減少症について」
 <リンク先組織名:愛知県 健康福祉部 健康担当局医務国保課>
 ※市以外のページへリンクします。