社会福祉課の紹介
課等の概要特色
社会福祉課には、福祉担当と保護担当があります。
福祉担当では、身体障害者福祉、知的障害者福祉、精神障害者福祉、戦傷病者及び戦没者遺族援護、社会福祉団体の指導、育成などを担当しています。
保護担当では、生活保護、民生委員に関すること、生活困窮相談などを担当しています。
主な事務の紹介
項目 説明
障害者福祉に関すること
(福祉担当)
心身に障害のあるかたを対象に、さまざまな事業を実施しています。主なものを紹介します。なお、詳しくは、社会福祉課へ御相談ください。

1:身体障害者
身体障害者手帳の申請受付及び交付
東海市援護扶助費
特別障害者手当
県在宅重度障害者手当
障害福祉サービスに係る相談、利用手続き
福祉タクシー料金の助成
補装具・日常生活用具
など
2:知的障害者
療育手帳の申請受付及び交付
東海市援護扶助費
特別障害者手当
県在宅重度障害者手当
障害福祉サービスに係る相談、利用手続き
福祉タクシー利用料金の助成
など
3:精神障害者
精神障害者保健福祉手帳の申請受付及び交付
東海市援護扶助費
特別障害者手当
通院医療費公費負担の申請受付
障害福祉サービスに係る相談、利用手続き

福祉タクシー利用料金の助成
など

生活保護
(保護担当)

生活困窮者自立相談支援

(自立生活支援担当)

生活に困窮するかたに対して、その困窮の程度に応じて、一定の条件のもとに生活保護が適用されます。
扶助の種類には、(1)生活扶助、(2)住宅扶助、(3)教育扶助、(4)医療扶助、(5)介護扶助、(6)生業扶助、(7)出産扶助、(8)葬祭扶助があります。
各扶助毎に国で定める基準があり、基準とその世帯の収入、労働能力の活用、資産の保有状況等を総合的に比較検討し、保護の「要」、「否」を判定します。「要」と判定されたときに保護が適用されることになります。

また、生活困窮者自立相談支援を行っています。

詳しくは、御相談ください。