身体障害者手帳
身体障害者手帳は、視覚障害、聴覚又は平衡機能障害、音声・言語機能又はそしゃく機能の障害、肢体不自由(上肢、下肢、体幹等の障害)、心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう又は直腸・小腸・ヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能の各部位又は機能に障害のある方(平成22年4月から肝臓機能障害のある方も対象)に交付され、その障害の程度により1級から6級までの等級があります。

各種手続きについて

身体障害者手帳の交付を受けるには
障害の程度が変わったとき
身体障害者手帳を破損、亡失したとき
住所や氏名の変更があったとき
身体障害者手帳を持っている方が亡くなったとき

※平成28年1月から、申請には個人番号(マイナンバー)を証明する書類が必要です。

各種手続きに必要なもの
1 申請者の番号確認書類(個人番号カード・通知カード・個人番号記載の住民票など)
2 身元確認書類(個人番号カード・運転免許証・旅券など) :手続きをされる方のもの
     【写真のない身分証の場合2つ以上が必要です】
3 代理権の確認書類:代理人申請の場合(委任状など)

身体障害者手帳の交付を受けるには

まず主治医に相談してください。

身体障害者手帳の障害認定は、一定期間経過後の安定した時期をもって、

障害が固定した後に書かれた診断書で行います。

    身体障害認定基準・障害固定の目安 ※愛知県ホームページにリンクしています
    等級表 ※厚生労働省のホームページにリンクしています

必要なもの
1 交付申請書 市役所に来ていただいた時に書いていただきます
2  身体障害者手帳診断書・意見書 (愛知県のホームページの手帳診断書・意見書のページにリンクしています) 
                         ※診断書の日付から3か月以内に申請をお願いします 
3 顔写真(縦4センチ×横3センチ)
※身体障害者手帳診断書・意見書は指定医師による記入が必要です。
交付申請書、身体障害者手帳診断書・意見書の用紙は社会福祉課にあります。

障害の程度が変わったとき

障害程度が変化した場合や、新たに障害がでてきた場合は、身体障害者手帳の等級が変わる可能性があります。まず主治医に相談してください。
必要なもの
1 再交付申請書
2 身体障害者手帳診断書・意見書
3 顔写真(縦4センチ×横3センチ)

※身体障害者手帳診断書・意見書は指定医師による記入が必要です。
再交付申請書、身体障害者手帳診断書・意見書の用紙は社会福祉課にあります。

身体障害者手帳を破損、亡失したとき

社会福祉課で再交付の手続きをしてください。

必要なもの
1 再交付申請書
2 顔写真(縦4センチ×横3センチ)

再交付申請書の用紙は社会福祉課にあります。

住所や氏名の変更があったとき

社会福祉課で変更の手続きをしてください。

必要なもの
1 身体障害者居住地氏名変更届
2 身体障害者手帳

身体障害者居住地氏名変更届の用紙は社会福祉課にあります。
※市外へ転出される場合は、転出先の市区町村役場で必ず住所変更の手続きを行ってください。

身体障害者手帳を持っている方が亡くなったとき

社会福祉課で身体障害者手帳の返還手続きを行ってください。身体障害者手帳を紛失して手元に無い場合でも手続きが必要です。また、各種手当の喪失の手続きも必要となります。

必要なもの
1 身体障害者手帳返還届
2 身体障害者手帳

身体障害者手帳返還届の用紙は社会福祉課にあります。
※各種手当の喪失の手続きには、他に必要となるものがある場合があります。


詳しくは、社会福祉課へお尋ねください。