スズメバチ

スズメバチ類の巣の除去

 

目的

人に危害を及ぼす恐れのあるスズメバチ類の巣を除去し、市民生活の安全を確保するためです。

撤去の対象となるハチの巣

対象はスズメバチ類のみで、アシナガバチは対象となりません。

※ スズメバチの見分け方

撤去の対象となる条件

  1. 現にスズメバチ類により使用されており、その所在が容易に確認できること 
  2. 市内にあり、巣から半径10m以内に住宅、道路、公園等の公共施設があること
  3. 屋外にあり、かつ処理業者が備える処理用具で安全に除去可能な位置にあること
  4. 除去にあたり、建築物等の財産を毀損又は破壊する恐れがないこと
  5. 国又は県が所有若しくは管理する土地若しくは建物等に営巣したものでないこと 

巣を発見したら・・・

  1. 生活環境課へ電話
    (603-2211 または 33-1111 内線553 または 554 へ)
  2. 市職員が現状を電話で聴き取り
  3. 市職員が現場確認現場確認後、市が巣の除去業務を委託する事業者へ連絡し、巣を除去

費用負担について

条件に合致する場合は、市の負担で行います。

 

 

スズメバチの見分け方


ここでは、特に見間違いやすいアシナガバチと比べてみます

 

1 巣の形を観察してみよう!

 

スズメバチの巣
(はじめの段階)
(5~6月頃)
入口は1つ とっくりを逆さにしたような形
スズメバチの巣
(完成品)
(7~11月頃)
全体は球状で入口は1つ マーブルのような表面
アシナガバチの巣
6角形の入口がたくさん 蓮の実を逆さにつけた
ような形状

 

 

2 飛び方を観察してみよう!

 

スズメバチ 直線的にすばやく
アシナガバチ フラフラとゆっくり、足をたらして

 

(参考) スズメバチの巣は1年しか使われません。

※ スズメバチ以外のハチでお困りの場合は ※

ハチ用の家庭用殺虫剤等を使用するか、専門業者へ依頼してください。