スポーツ課の主な仕事
スポーツ活動は、健康・体力づくりや市民の交流の場として重要な役割を果たしています。
本市では、市民がスポーツを通じての健康づくり・体力増進を図り、だれもがスポーツに親しめる環境をつくり、市民がいきいきとした生活を送ることを目指しています。そのために、各種スポーツ教室・大会の開催やスポーツ情報を提供し、市民が気軽にスポーツに親しめるための機会をつくります。

スポーツ課の主な仕事

地域のスポーツ力連携事業

地元企業や地域の優れたスポーツ指導力を生かし、子どもたちの競技力向上を図るため、スポーツ教室等を開催します。当事業は、14年度に文部科学省から、運動部活動地域連携実践地域の指定を受け、16年度までの3年間で研究したハンドボール・陸上競技・剣道・柔道・軟式野球・ソフトボールの6種目にサッカー、水泳、バレーボール、ソフトテニス、卓球、バスケットボールの6種目を加えて、運動部活動の活性化を図るため合同練習会や指導者講習会を開催してきました。
今年度も、指導者講習会を2回実施するなど事業の推進を図ります。
地域・生涯スポーツ推進活動
 継続的なスポーツ活動への参加の契機となるような、各種スポーツ行事の拡充を図ります。
 学校体育施設の開放を行い、市民がスポーツを楽しめる場を提供します。

東海シティマラソン大会

本大会も第32回目を迎え、中学校駅伝大会を引き続き計画し、市民及び市町間の交流を図ると共に健康づくりを進めます。

スポーツ交流事業

姉妹都市(米沢市・釜石市・沖縄市・トルコ共和国)とスポーツを通じて、お互いの市民や児童及び生徒の交流を図り、親睦を深めるとともに児童の健全育成を図ります。

学校プール開放事業

学校夏季休業期間の小学校プールを、子どもたちに体力、健康づくりの場として開放し、水に親しむ機会を提供する。

競技団体の拡大と指導者の育成

スポーツクラブ東海と連携し、各競技団体のレベルアップを図るとともに、各種団体に指導者を派遣し、スポーツ人口の拡大を図ります。
情報の提供等
身近なスポーツ行事の情報を広報・インターネット等でお知らせします。また、全国大会等への出場する競技者を激励するとともに、広く市民等へ紹介します。

主な仕事内容


  1. スポーツ施設の設置及び管理
  2. スポーツ振興に関する事業の実施
  3. スポーツ推進委員に関すること
  4. スポーツ団体の育成及び指導
  5. 学校体育施設のスポーツ開放
  6. その他スポーツの振興に関すること