インフルエンザ情報

インフルエンザ警報発令!

平成29年1月11日(水)、愛知県下にインフルエンザ警報が発令されました。

インフルエンザに気をつけましょう! 

インフルエンザの症状

2~3日の潜伏期間の後
  • 急な発熱(38~39℃)に始まる
  • 全身症状:頭痛、全身倦怠、筋肉痛など
  • 呼吸器症状:せき、鼻水など
  • まれに嘔吐、腹痛、下痢などの消化器症状を示す
これらの症状が出たら、早めに受診しましょう。

予防と重症化を防ぐために

  1. 過労を避け、十分な睡眠・栄養・保温に心がけ体調を整えましょう。
  2. 人ごみへの外出をできるだけ避け、帰宅時には、うがい、手洗いをしましょう。
  3. 空気が乾燥するとインフルエンザにかかりやすくなりますので、室内では加湿器等で適度な湿度を保つようにしましょう。
  4. かかった時は、早めに医師の診察を受け、安静に保つことにより、肺炎などの合併症を防ぐよう心がけましょう。
    特に、高齢者の方はインフルエンザの症状があまりなくても、長引くと肺炎など重症になる可能性があるので、かぜの症状が出た場合、早めに医療機関に受診することが大切です。
  5. 咳などの症状がある場合は、周りの人にうつさないために、マスクを着用しましょう。

うがい、手洗いの効果

インフルエンザは飛沫感染によるものが多いため、咳やくしゃみで出た飛沫を吸い込むことで感染したり、飛沫で汚染された物に触った手で眼や鼻、口を触ることで感染します。そのため、うがい、手洗いは感染予防になります。
・うがいは、喉の表面の細かい毛や粘液が、ほこりや菌を外に出そうとすることを助けます。
・手洗いは、石けんなどの界面活性剤で洗うことで、付着したウイルスを落としやすくします。手のひらだけでなく、手の甲、指先、爪の間、指の間などしっかり洗いましょう。流水では15秒以上洗うことで効果があります。


インフルエンザの発生状況については以下のサイトをご覧ください。
「インフルエンザの発生状況について」
<リンク先組織名:愛知県>
※市以外のページへリンクします。

問い合わせ先・詳細について

インフルエンザ相談窓口
知多保健所 TEL:0562-32-6211