精神障害者医療

1 対象者

東海市に住所があり、次のいずれかに該当する方
・ 精神障害者手帳をお持ちの方
・ 「自立支援医療受給者証(精神通院)」をお持ちの方
※ 子ども医療費、障害者医療費及び母子家庭等医療費の助成を受けることができる方、また後期高齢者医療制度に加入できる方を除きます。

2 医療費助成の内容

医療費(保険診療分)の自己負担額を助成します。
手帳の等級などによって、次のとおり、交付される「精神障害者医療費受給者証 」の種類と、助成の内容が異なります。
( ○ 助成します × 助成しません )
お持ちの手帳など 「精神障害者医療費受給者証」の種類 通院 入院
精神疾患 精神疾患以外 精神疾患 精神疾患以外
精神障害者手帳 1級 全疾患・入通院
有効

※注1
〃          2級 全疾患・入通院
有効

※注1
〃                3級 精神通院医療のみ
使用可

※注1
×
※注3
×
自立支援医療受給者証
(精神障害者手帳なし)
精神通院医療のみ
使用可

※注1
× × ×

 

3 精神障害者医療費受給者証の交付

・対象者で、申請された方には「精神障害者医療費受給者証」を交付します。
・ (1)健康保険証 (2)「精神障害者医療費受給者証」 (3)「自立支援医療受給者証(精神通院)」(※注4)を医療機関の窓口に提示してください。(※注3)

手続きに必要なもの (※ (2)、(3)はお持ちの方のみ)

(1)健康保険証 (2)精神障害者手帳 (3)「自立支援医療受給者証(精神通院)」

※注1 精神疾患の通院医療費の助成は、「自立支援医療受給者証(精神通院)をお持ちの方が指定医療機関で受診する場合に限ります。そのため、精神障害者手帳3級で「自立支援医療受給者証(精神通院)」をお持ちでない方には、「精神障害者医療費受給者証」は交付されません(※注3 参照)。
※注2 入院時の食事代や、差額ベッド代などは助成対象になりません。
※注3 精神障害者手帳3級の方の、精神疾患の入院医療費は「精神障害者医療費受給者証」が使えません。助成を受けるには払戻しの手続きが必要です(「6 払戻しの手続きについて」参照)。
※注4 「自立支援医療受給者証(精神通院)」は、精神疾患の通院医療費の受診時に提示してください。精神障害者手帳1・2級の方の、精神疾患以外の通院医療費、及び入院医療費の受診時は提示不要です。

4 受給資格の変更・喪失

・ 次に該当する場合は、受給資格が変更となりますので、国保課へ届出が必要です。

住所・氏名の変更/健康保険の変更/精神障害者手帳の等級の変更
「自立支援医療受給者証(精神通院)」の指定医療機関の変更

・ 「精神障害者医療費受給者証」を紛失したときは、国保課で再交付を受けてください。
・ 次に該当する場合は、受給資格を喪失しますので、国保課へ「精神障害者医療費受給者証」を返却してください。

市外への転出/死亡/精神障害者手帳、「自立支援医療受給者証(精神 通院)」の資格喪失

※ 精神障害者手帳、「自立支援医療受給者証(精神通院)」の変更・喪失を伴う手続きについては、先に社会福祉課(市役所1 階)で手続きをした後、国保課で手続きをお願いします。


手続きに必要なもの(※ (3)、(4)はお持ちの方のみ)

(1)精神障害者医療費受給者証 (2)健康保険証
(3)精神障害者手帳 (4)「自立支援医療受給者証(精神通院)」

5 精神障害者医療費受給者証の更新

・ 「精神障害者医療費受給者証」の有効期間は、「全疾患・入通院有効」のものは通常2年間、「精神通院医療のみ使用可」のものは通常1年間です。
・ 「精神障害者医療費受給者証」を更新するためには、精神障害者手帳、及び「自立支援医療受給者証(精神通院)」の更新が必要になりますので、社会福祉課(市役所1階)で手続きをしてください。手続き後、国保課より「精神障害者医療費受給者証」の更新手続きについてお知らせします。

6 払戻しの手続きについて

・ 次に該当する場合、「精神障害者医療費受給者証」は使えませんので、医療機関の窓口で一旦支払いをし、その後国保課で払戻しの手続きをしてください(※注5)。
  • 精神障害者手帳3級の方が精神疾患で入院した場合
  • 治療用装具(コルセットなど)を作成した場合
  • 県外の医療機関で受診した場合

手続きに必要なもの

(1)精神障害者医療費受給者証(2)健康保険証(3)領収書(※注6・注7)
(4)みとめ印(5)銀行等の口座の分かるもの
(6)医師の証明書(※注7)
(7)療養費支給決定通知書(※注6)
(ご加入の健康保険組合などが発行したもの) →治療用装具(コルセットなど) を作成した場合
(8)高額療養費等支給決定通知書(※注6)
(ご加入の健康保険組合などが発行したもの) →入院等で高額になった場合
※注5 払戻しを受けた医療費助成額については、所得税の確定申告等における医療費控除で「医療費を補てんする保険金等」に相当しますのでご注意ください。
※注6 提出していただいた領収書等はお返ししませんので、必要な方はコピーをとっておいてください。
※注7 ご加入の健康保険組合への申請で原本を提出する場合は、必ずコピーをとっておいてください。

問い合わせ先

東海市役所 国保課 医療助成担当