本人確認書類について
平成20年5月1日から法令化に伴い、戸籍の届出、住民異動の届出、戸籍全部(個人)事項証明、住民票の写し等の各種証明書の請求の際に、窓口にお越しのかたの本人確認書類を変更します。
他人が本人になりすまして証明書を不正に取得したり、虚偽の届出をされたりすることを、未然に防ぎ、個人情報を一層保護することを目的としています。
皆様のご理解とご協力をお願いします。
証明等の種類

戸籍の届出・戸籍全部(個人)事項証明申請時に必要なもの

住民異動の届出・住民票の写し等申請時に必要なもの

A

 ・マイナンバーカード(個人番号カード)
 ・ 運転免許証
 ・ パスポート
 ・ 在留カード
 ・ 特別永住者証明書
 ・ 住民基本台帳カード(写真付)

など官公署が法令等に基づき発行する書類で、本人の写真が貼付されたもの

1点の提示 1点の提示
B  ・ 住民基本台帳カード(写真なし)
 ・ 健康保険証被保険者証
 ・ 介護保険の被保険者証
 ・ 年金手帳、年金証書、恩給証書
 ・ 後期高齢者医療被保険者証
 ・ 母子健康手帳
 ・ 生活保護受給証明書

など官公署が法令等に基づき発行する書類で本人の写真は貼付されていないが、通常本人が保有していると認められるもの
2点の提示
B+B
または
B+C
1点の提示
C

 ・ 社員証、学生証
 ・ 預貯金通帳
 ・ キャッシュカード、クレジットカード


など通常本人が保有していると認められる書類で、本人の氏名、住所、生年月日等が記載されているもの
2点の提示
B+C
1点の提示
その他、必要に応じ口頭による質問又は、関係者等への照会をいたしますので、ご協力ください。
詳しくは市民窓口課へお問い合わせください。