生垣等緑化補助制度
東海市では、緑化の推進及び良好な住環境づくりの促進を図り、併せてブロック塀などの倒壊による災害を未然に防ぐため、生垣等を設置される方に補助金を交付しています。 この生垣等緑化補助制度の概要は次のとおりです。 なお、工事日程に余裕を持って必ず生垣等設置前に申請してください。

補助を受けることができる方

市内の住宅地等に所有権又は借地権を持つ個人又は法人で、市税を完納されている方

補助の対象となる工事

  • 住宅地等に新たに生垣等を設置する工事
  • 既存のブロック塀等を取り壊して、当該取壊し部分に生垣等を設置する工事

 

補助対象生垣等の要件

 
  • 道路または公共施設の敷地から見通しが出来ること
  • 道路の幅が4m未満の場合は中心から2m以上離すこと 
  • 生垣等の延長は2m以上であること
  • 樹木の高さは植えた状態で30cm以上であること
  • 生垣にあっては、その植栽間隔が生垣の延長1メートルについて、2本以上であること
  • 樹木にあっては、4本以上であり、その植栽に連続性があること
  • 樹木の種類はうるし、カイズカイブキ及びとげ類以外であること
  • 生垣の盛土をブロック等で囲むときは、盛土の高さが50cm以下であること
  • ブロック塀等、見通しできないものに沿っていないこと
 

補助金の額

 
 
区分 補助金の額
新たに生垣等を設置する場合 補助率は2分の1
1mにつき3,000円
(限度額は、6万円)
既存のブロック塀等を取り壊し、その部分に生垣等を設置する場合(通学路1m以上のブロック塀等) 1mにつき1万2,000円
(限度額は、24万円)

既存のブロック塀等を取り壊し、その部分に生垣等を設置する場合(通学路を除く1m以上のブロック塀等)

1mにつき7,000円
(限度額は、14万円)
既存のブロック塀等を取り壊し、その部分に生垣等を設置する場合(1m未満のブロック塀等)

補助率は3分の2

1mにつき5,000円

(限度額は、10万円)

 分譲用の住宅地等に生垣等を設置する場合(分譲業者対象)

1mにつき1,500円

(限度額は、1宅地につき4万5,000円)

集合住宅用の住宅地等に生垣等を設置する場合

 1mにつき1,500円

(限度額は、最も戸数の多い階の戸数に3万円を乗じて得た額)

申請時の提出書類及び申請先

提出書類

  • 生垣等緑化補助金交付申請書
  • 事業計画書
  • 配置図
  • 見積書の写し (他の工事と併用して行う場合は、補助金対象工事の金額及び数量がわかるようにしてください。)
  • 市税完納証明書(市役所の収納課で証明します)
  • 借地の場合は、賃貸借契約書の写し及び賃主の同意書
  • その他市長が必要と認める書類

申請先

東海市役所 花と緑の推進課(庁舎4階)

必ず設置前に申請してください‼

様式等