市街地再開発事業

市街地再開発事業について

 太田川駅周辺地区では、「東海市の顔」にふさわしい中心市街地の形成を図るため、土地区画整理事業、連続立体交差事業とともに、土地の共同利用、高度利用を図る「市街地再開発事業」を行いました。

市街地航空写真


駅東地区について

民間開発業者による整備

駅東地区

 平成18年度に民間開発業者から開発計画の提案があり、検討の結果、市の顔づくりに資するものであり、民間活力に期待したいとの判断から民間開発業者で事業を進めることになりました。
 平成22年3月には分譲戸数130戸のマンションが竣工し、マンション北側の商業施設「ソラト太田川」は、近接する公共駐車場とともに平成23年4月にオープンしました。
 この商業施設の1階と2階は店舗となっており、3階は、市民の皆さまが集える場所として市の施設である「市民交流プラザ」を開設しました。ここには絵本館、子育て総合支援センター、市民活動センターなどが入っています。

駅西地区について

東海太田川駅西地区第一種市街地再開発事業による整備

 第一種市街地再開発事業が完了し、再開発ビルが完成しました。この再開発ビル(ユウナル東海)には東海市の文化創造の拠点となる、1,025席の大ホールを持つ東海市芸術劇場と店舗、共同住宅が配置されています。建築工事は平成25年6月に着手され、平成27年8月に竣工しました。また、周辺には、ショッピングセンター「ラスパ太田川」や日本福祉大学も進出し、ユウナル東海とともに中心市街地の活性化とにぎわいの創出、そして経済波及効果などが大いに期待できる地区へと生まれ変わっています。

ユウナル東海