視聴覚・参考資料室

視聴覚・参考資料室

写真:視聴覚・参考資料室 調べものをするための辞典・事典・年鑑・白書がおいてあります。
また、私達の住んでいる愛知県や東海市のことをよく知ってもらうために、郷土資料もおいてあります。
また、カセットテープ・CD・ビデオ・DVDなどの視聴覚資料や視聴できるAVブースもあります。
そのほかに、姉妹都市である山形県米沢市の本や、植物の本を集めた岡島文庫、農業関係の図書を揃えた蟹江一忠文庫もあります。
図書館へ来たら、2階の視聴覚・参考資料室も、ぜひ見に来てください。

視聴覚資料

DVD-まだ数は少ないですが、貴重な資料を取り揃えています。
ビデオ-日本映画・洋画だけではありません。料理・釣り等、趣味に関するもの、紀行もの、いろいろなジャンルに渡っています。もちろん、子供向けアニメなど、多種多様なものがあります。
C D-童謡・唱歌・邦楽・落語・クラシック・文学など、レンタルショップとは、ひと味違う楽しみがあります。
カセット-今は、あまり販売されていませんが、CDは、ちょっと、と思われる方のためのカセットテープがあります。

姉妹都市コーナー

平成12年10月20日に姉妹都市提携をした南山形の中心都市・米沢市。提携1周年の10月21日、山形県米沢市の資料を集め、姉妹都市コーナーとして開設しました。
米沢市の市史をはじめ、米沢市とその周辺のガイドブックや各種パンフレットなどを集めています。米沢方面へ行かれる方は、ぜひ一度お立ち寄りください。

岡島文庫コーナー

平成9年12月設置。初代東海市長の故・岡島錦也氏の遺志による寄付金を基に、生前のライフワークでもあった植物に関する資料を約320冊集めています。

蟹江一忠文庫コーナー

平成19年10月設置。東海市立中央図書館蟹江一忠図書購入基金500万円を活用して、寄付者の意向である農業関係の図書を揃え、文庫を開設しました。
蔵書数は、約1,200冊です。一部を除き、貸出もしています。