火災がおきたら(避難編)
避難は時として自分の生死をわける非常に重要な行動となります。
避難のタイミングを理解して、常に適切な行動ができるようにしましょう。

避難は早めにする

いくら自分に体力があるといっても、火災現場では煙を見ただけでパニックに陥ったり、思わぬアクシデントに遭遇する可能性もあります。とにかく早めに避難してください。

いつ避難する?

天井に燃え移る前の火事は、比較的簡単に消火できるものが多く、消火器等により被害の拡大をふせぐことが可能です。したがって、天井に燃え移った時が避難のタイミングといえます。

避難時の行動

避難時の行動 天井に燃え移った時は、消火器で消すことが難しくなり素人の手には負えない状況といえます。早く逃げましょう。

逃げる際には、燃えている部屋の窓やドアなどの開口部を閉めてから避難しましょう。

煙・炎からの脱出

煙からの避難 煙には一酸化炭素やシアンガスなどの有害ガスが含有することがあり危険です。できる限り煙を吸わないように濡れタオルやハンカチで口を押さえ床を這うように前進しましょう。

火に囲まれた時は、頭から水をかぶり濡れた毛布や衣類で体を覆って、一気に走り抜けましょう。

二方向避難

二方向避難 一方向のみの避難路では、煙の向きや施錠などによって退路を絶たれることがあります。

非常の場合に備えて、2つ以上の避難口を決めておきましょう。

絶対に戻らない

絶対に戻らない 避難の途中で持ち出し品のことを考えて引き返し、煙に巻かれ死亡することがあります。

何よりも大切なものは自分の命です。一度避難したら引き返さないようにしましょう。