妊婦医療

1 対象者

市内に住所を有する妊婦
※妊婦とは、母子健康手帳の交付を受けている妊娠中の方をいいます。
※対象期間は、母子健康手帳交付日から出産の前日までです。
※障害者医療費、母子家庭等医療費又は精神障害者医療費(全疾患・入通院有効)の助成を受けることができる方を除きます。

2 医療助成の内容

医療費受給者証と健康保険証を一緒に産婦人科(東海市内に限る)の窓口に提示することにより、医療費(保険診療分)の自己負担額を助成します。
対象となるのは、健やかな児童の出生を図るために必要な医療費です。
ただし、高額療養費又は家族療養附加給付金が支給される場合は、その金額を除きます。

市外の産婦人科を受診された方は、<6 現金で支払った場合の医療費の請求>をご覧ください。

母子健康手帳の交付及び妊婦健康診査等の助成についてはこちら
健康推進課のページへ

3 妊婦医療費受給者証の交付申請

妊婦医療費の助成を受けるためには、妊婦医療費受給者証の交付申請が必要です。
申請窓口:しあわせ村健康推進課又は市役所市民窓口課
※転入と同時に申請される場合は、市民窓口課で申請して下さい。
区分 資格取得日 届出に必要なもの

新規

母子健康手帳の交付日

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証

転入

転入日

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証

生活保護廃止
(停止)

生活保護の廃止 (停止)日

  1. 母子健康手帳
  2. 健康保険証
  3. 保護廃止(停止) 決定通知書

4 変更届出

次に該当する場合は、受給資格が変更となりますので届出が必要です。
申請窓口:市役所国保課
区分 届出に必要なもの

住所、氏名の変更

  1. 妊婦医療費受給者証
  2. 健康保険証

健康保険の変更


5 喪失届出

次に該当する場合は、受給資格を喪失しますので届出が必要です。
申請窓口:市役所国保課
区分 資格喪失日 届出に必要なもの

転出

転出(予定)日の翌日

  1. 妊婦医療費受給者証
  2. 資格喪失する理由を明らかにする書類

死亡

死亡日の翌日

生活保護開始

生活保護の開始日

妊婦非該当
(出産等)

妊婦非該当となった日
(出産日等)


6 現金で支払った場合の医療費の請求

市外の医療機関で受診した場合、又は妊婦医療費受給者証を提示することができずに現金で支払った場合は、次に掲げるものを持参のうえ医療費の自己負担額相当額を請求してください。
申請窓口:市役所国保課
  1. 妊婦医療費受給者証
  2. 健康保険証
  3. 領収書
  4. 印鑑
  5. 請求者名義の口座番号のわかるもの
  6. 高額療養費又は家族療養附加給付金の支給対象となった場合は、保険給付金支給証明書(加入している健康保健組合等が証明したもの)

問い合わせ先

東海市役所 国保課 医療助成担当(1階)