情報課の紹介

課等の概要特色

情報課には、広報統計グループ、IT管理・開発グループの2つのグループがあります。

広報統計グループでは、広報事業として、広報紙の発行、CATV番組の制作、ホームページの管理を行っています。また、広聴事業として、インターネットでも投書がいただける市政提案箱を設置しています。そして、統計事業として各種統計調査を実施し、統計情報を把握しています。なお、マスコミ取材の拠点として東海記者クラブがあり、記者会見、記者発表で市の情報を発信しています。
IT管理・開発グループでは、IT化をより一層進めるための計画の推進、テレトピア関連の事務を行っています。また、情報セキュリティの確保、情報端末やネットワークの全体管理、行政事務を行う各種システムの安定稼働のための仮想サーバの運用及び管理を行っています。

主な事務の紹介

項目 説明
広報に関すること
(広報統計担当)
広報「とうかい」を毎月2回、1日と15日発行(ただし1月、5月及び8月は合併号として1日発行)、全戸配布しています。
CATVの「ハロー!とうかい」(デジタル12ch)の番組では、市民の皆さんの身近な情報を紹介しています。
ホームページは平成9年に開設し、随時内容を更新しています。
広聴に関すること
(広報統計担当)
市政提案箱を設置し、よりよいまちづくりのため、市民の皆さんからのご意見をお待ちしています。
統計に関すること
(広報統計担当)
5年に1度の国勢調査や経済センサス、商業統計調査、工業統計調査など各種統計調査を多くの皆さま方のご協力を得ながら実施しています。
東海市データコーナー
地域情報化計画に関すること
(IT管理・開発担当)
テレトピア計画に関する事務を行っています。
IT施策の推進に関すること
(IT管理・開発担当)
国の電子自治体推進指針に基づき、IT施策を推進しています。
情報セキュリティに関すること
(IT管理・開発担当)
市民の個人情報や行政運営上重要な情報等の情報資産をさまざまな脅威から守るため、東海市情報セキュリティポリシーを定め、運用しています。
情報端末機等の管理に関すること
(IT管理・開発担当)
市役所や出先機関に設置している情報端末機の全体管理、行政内部のOAの研修及び利用のサポートなどを行っています。
情報システムの共同運用基盤の管理に関すること
(IT管理・開発担当)
住民情報、財務情報等に関する行政事務を仮想サーバ(共同運用基盤)上に集約し、ネットワークを含めたシステムの安定稼働のための運用及び管理を行っています。