避難所

県立高等学校を避難所に追加しました

 南海トラフ地震等の大規模な災害の発生に備えて、市内の県立高等学校を避難所として指定を行いました。
○拠点避難所
 愛知県立横須賀高等学校・愛知県立東海南高等学校
○予備拠点避難所
 愛知県立東海商業高等学校
◇避難所となる日にち◇
 平成27年9月1日(火)から
※愛知県立東海商業高等学校については、体育館吊り天井耐震改修工事を平成28年度に行うため、利用の開始は、平成29年4月1日からとなります。ただし、安全が確認できた場合は避難所として開設することがありますので、市からの防災情報を確認してください。
~注意~
高等学校を避難所として利用するのは、南海トラフ地震等の大規模な災害時のみですので、台風などの際に避難する場合は、従来どおりの最寄りの小中学校等の拠点避難所となります。

避難所の見直しを行いました

 本市では、一定期間避難生活を送る場としての避難所(学校などの拠点避難所)と、一時的に災害の危険から身を守るための避難場所(公園、広場等の広域避難場所または一時避難場所)を指定していましたが、2013年度(平成25年度)の災害対策基本法の改正に合わせて、これらの避難所や避難場所の見直しを行いました。
 見直しの結果、主な変更点につきましては、次のとおりです。

1 一部の拠点避難所を予備拠点避難所に変更しました
 標高が低く、津波や高潮災害等の危険性のある拠点避難所については予備拠点避難所へ変更しました。この予備拠点避難所は、津波等の災害の危険性があるため、原則として、災害発生直後には開設いたしません。よって、災害発生直後にはこちらの避難所には避難しないように注意してください。発生した災害に対する安全性の確認がとれた後に、避難所として開設いたします。

2 一部の避難場所(広域避難場所及び一時避難場所)を解除しました
 標高が低く、津波や高潮災害等の危険性がある避難場所、土砂災害が発生した場合に被災する可能性がある避難場所については、市の広域避難場所及び一時避難場所から解除しました

 お住まいの地域や勤務先などで、近くの避難場所や避難所を確認し、あらかじめ避難経路を検討するなど、家庭や地域でいざというときに備えておきましょう。