東海市の後援等に関する申請書
 東海市では、各種団体等が行う事業について、地域の活性化、市民交流等を図るものと認められる場合に対して、後援名義の使用等を承認しています。

後援等の内容

1 後援

 市が、総合的見地から奨励の意を表すために名義の使用を承諾する。

2 協賛

 市が、企画及び実施に直接参画しないが、事業に対する協力、援助として、市施設使用料の減免、広報登載、市施設へのポスター等の掲示等について必要な措置を行う。

3 共催

 市が、主催者の一員として企画及び実施に参画して事業の遂行を図り、市の実施する事業等と同様な取扱いを行う。

後援等の基準

1 後援

  • 市民が参加可能又は参加する事業であること。
  • 特定の個人、団体、その他の組織等を宣伝、支持、援助すること及びその意図がないものであること。
  •  入場料、参加費等は、社会通念上低廉であること。

2 協賛

  • 市民を主たる対象とした事業であること。
  • 市の方針、施策又は実施する事業等と目的・趣旨が異ならないこと。
  • 特定の個人、団体、その他の組織等を宣伝、支持、援助すること及びその意図がないものであること。
  • 入場料、参加費等は、社会通念上低廉であること、かつ、収入が支出を上回らない設定であること。また、決算上、黒字となった場合には、黒字分は主催者が自己のために利用することがないこと。

3 共催

  • 市民を主たる対象とした事業であること。
  • 市の方針、施策又は実施する事業等と目的・趣旨が異ならないこと。
  • 市の方針、施策又は実施する事業等と入場料、参加費、その他実施内容について整合性があること。
  • 市と当該事業についての覚書を締結する等で、費用負担、業務上の分担等について取り決めることが確約されていること。ただし、他の地方自治体、行政機関、それに準ずる公共的団体については、覚書を省略することができる。
  • 当該事業を主催する団体等の構成員と、その他の市民等の間に入場料、参加資格等格差、不公平を生じないものであること。

 ただし、以下に該当すると認められる場合は承認されません。
  1. 宗教又は政治的目的を持つと認められるもの。
  2. 営利を目的とすると認められるもの。
  3. 公序良俗に反するもの又はその恐れがあるもの。 
  4. その他市が不適当と認めるもの。

申し込み方法

 所定の申込書に必要事項を記入し、必要書類を添付し、事業開催日の10日前までに関係課へ提出してください。 

  後援・共催・協賛申込書(東海市)PDF版(A4サイズ)(56KB)
  後援・共催協賛申込書(東海市)WORD版(A4サイズ)(34KB)
    ⇒ 教育委員会への後援等に関する申請書はこちら 

必要な書類

 開催要領、収支予算書、団体規約、これまでの活動状況を示す資料(チラシ、新聞記事、実績報告書など)

事業実績報告書

 後援等を受けたものは、事業が完了したときは、事業実績報告書(参加者数・当日の写真などの事業結果がわかる資料)、収支決算書、チラシなどを速やかに市に提出してください。