(3) 環境にやさしいまちづくり

東海市では、低炭素社会構築に向けて、環境基本計画の推進を中心に様々な施策を実施しています。

環境基本計画について

環境基本計画とは

 「未来につなぐ美しいふるさと東海」をビジョンに、市民、事業者、NPOの代表の方々との協働・共創により策定した計画です。

東海市基本計画の推進

 市民、事業者、NPOの代表の方々と一緒に、「市民のための環境づくり」を進めています。

実施している事業

上野新川ふるさとの水辺再生基本構想策定事業

 記憶の中にある「ふるさとの水辺」を東海市に「再生」し、多様な生き物とのふれあいの場を創り出すため、地域の市民を中心に再生基本構想を策定し、整備につなげていきます。

東海市エコスクール

 「楽しく」「体験・体感」「発見・気付き」を大切に豊かな感性を伸ばし、自ら進んで環境問題に取り組むことのできる人づくりを目指します。

河川ため池水質浄化事業

 子どもが川遊びできるような自然環境に戻すために、汚染原因である家庭からの生活排水の浄化からはじめ、排水が流れ込む河川・ため池の浄化を図ります。

補助政策による低炭素社会への誘導

太陽光発電システム等設置促進補助金

 平成16年度に制度が始まり、年々設置件数が増えています。

 

まちづくり応援団(ふるさと納税制度)のトップページへ