太陽光発電の環境配慮ガイドラインに関すること(事業者向け)

太陽光発電の環境配慮ガイドラインについて(事業者向け)

 太陽光発電事業は、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」に基づく固定価格買取制度が創設されて以来、全国的に導入が進んでいますが、太陽光発電事業の実施に伴い、土砂流出や濁水の発生、景観への影響、反射光による生活環境への影響などの問題が生じる事例が増えています。また、重要な動植物の生息・生育環境の改変等による自然環境への影響等も懸念されています。
 このように環境影響が顕在化している状況を踏まえ、令和2年4月から新たに大規模な太陽光発電事業が環境影響評価法(環境アセスメント法)の対象事業として追加されることとなっております。
 さらに、環境影響評価法(環境アセスメント法)の対象とならない規模の事業についても、環境に配慮し地域との共生を図ることが重要である場合があることから、必要に応じてガイドライン等による自主的で簡易な取組を促すべきとされています。

 太陽光発電事業の導入を考えている事業者におかれましては、以下詳細をご覧ください。 

 

太陽光発電の環境配慮ガイドラインの詳細については、 こちら<外部リンク>をご参照ください。

環境影響評価法(環境アセスメント法)及び愛知県環境影響評価条例の対象事業の詳細については、 こちら<外部リンク>をご参照ください。