その他のサービス

※各事業の内容は、事業名をクリックしてご覧ください。クリックすると該当のページに移動します。

 

高齢者とうかい健康チャレンジ促進事業

車いすの貸出

移送サービス

日常生活自立支援事業

地域共生 こころんサポート事業

介護予防・日常生活支援総合事業

高齢者とうかい健康チャレンジ促進事業【8月4日更新】

いつまでも元気に生活していただけるよう、「高齢者とうかい健康チャレンジ促進事業」を開催します。

対象事業に参加すると健康づくりポイントが貯まり、50ポイントごとに記念品と交換できます。

実施期間

 令和4年6月1日から令和5年3月31日まで

対象者

 市内に住民票があり、今年度までに65歳以上となる高齢者の方

参加方法・ポイント付与対象事業・記念品交換等について

 詳しくは高齢者とうかい健康チャレンジ促進事業(PDF形式 451KB)をご覧ください。

記念品交換について

記念品の交換はポイント引換申請書・アンケートを提出し、申請者本人のポイントカード又はスマートフォンにて、ポイント等が確認できることが必要です。

 詳しくは、記念品交換について(PDF形式 307KB)をご覧ください。

記念品

 詳しくは、記念品一覧.pdf(PDF形式 556KB)をご覧ください。

様式

  ポイント引換申請書・アンケート.pdf(PDF形式 332KB)

  ポイント引換申請書(記入見本).pdf(PDF形式 297KB)

 

車いすの貸出

内容

車いすを無料で貸し出します。

《 貸出期間 》

  期間は原則2週間です。(最長3か月)

利用方法 東海市社会福祉協議会(052-689-1605)までお問い合わせください。

移送サービス

内容

通院、入院・退院又は福祉施設への通所等の際に、ボランティアによる移送サービスを利用できます。

ただし、自宅から半径10キロメートル以内に限ります。

《 利用時間 》

  毎週月曜日~金曜日

  午前9時~午後5時

《 費用 》

  無料

対象者 市内在住で、常時車いすを利用されている方。
利用方法 事前に調査に伺います。東海市社会福祉協議会(052-689-1605)までお問い合わせください。

日常生活自立支援事業

内容
  • 福祉サービス利用のお手伝い
  • 日常的なお金の出し入れ
  • 日常生活に必要な事務手続き

《 自己負担額 》

  1回 1,200円

  • 書類等の預かり 

《 自己負担額 》

  年間 3,000円 (月額 250円)

対象者 認知症高齢者など、金銭管理や書類管理に不安を抱える方。
なお、病院や福祉施設に入っている方も対象となります。
利用方法 事前に調査に伺います。東海市社会福祉協議会(052-689-1605)までお問い合わせください。

地域共生 こころんサポート事業

内容

日常生活のちょっとした困りごとを会員同士でサポート。

主な内容:買い物、草取り、電球交換、掃除、衣替えなど

《 利用料金/報酬 》

10分 100円(短期時間での内容)

1時間 500円(内容により変わります)

※依頼会員・支援会員ともに会員登録が必要です。

対象者 認市内在住で、65歳以上の一人暮らし高齢者または75歳以上の高齢者のみの世帯、もしくは障害者のみ世帯
利用方法 事前に調査に伺います。東海市社会福祉協議会(052-689-1605)までお問い合わせください。

介護予防・日常生活自立支援事業

いつまでも元気に自立した生活ができるよう、65歳以上の方を対象に、介護予防につながる各種事業を行います。

詳しい申込み方法や内容については、高齢者支援課又は健康推進課(052-689-1600)へお問合せください。

この他にも、地域で開催されている教室やイベントなどもご紹介します。

対象者:65歳以上の方

事業名「人生これからボランティア(人生これから大学)」

  ボランティアや地域活動の心構え・健康効果等や実際の活動を紹介。

  《実施時期》7月~10月

事業名「脳トレいきいき百歳体操」

  DVDの映像を見ながら行う筋力トレーニングで、椅子に座ってゆっくり行う運動です。

  週に1回以上行う自主グループ活動を支援しています。脳トレメニューもあります。

  《実施期間》通年

事業名「コグニウォーキング講座」

  機能向上効果のあるレクリエーションを取り入れたウォーキング講座 (3回/4コース)

  《実施期間》10月~12月

事業名「介護予防啓発研修会」

  サロン活動などの健康への意義や効果に関する講話

  《実施期間》3月

事業名「コグニ倶楽部」

  市と国立長寿医療研究センターが実施する健康増進教室(共同研究事業)です。

  運動コースと健康講座コースに分かれて(選択不可)、健康づくりの取組みを実施します。

  《実施期間》4月~(令和6年度末まで)(途中参加不可)

 

 

対象者:65歳以上の方で、基本チェックリスト※に該当した方又は要支援認定を受けた方

事業名「元気かろやか運動教室」

  約6か月間、週1回の運動で体力を向上させ、日常生活を元気に送るための運動教室 (全24回)

  《実施期間》通年

  「グループ教室」:理学療法士などの専門職の指導を受けながら、みんなと運動して体力をつけます。※送迎あり

  「個別教室」:自分にあった運動メニューを、接骨院の先生と相談しながらマイペースに行います。※送迎応相談

   元気かろやか運動教室チラシ(PDF形式758KB)

事業名「訪問型介護予防事業」

  介護予防の観点から、保健師・管理栄養士・歯科衛生士が家庭訪問をして、身体的・精神的支援や、食生活の相談、

  口腔機能向上支援を行うことで、要介護状態への予防を推進します。

  ※基本チェックリストは、日常生活についてお尋ねするアンケートで、高齢者支援課、健康推進課、分室を含む高齢者

   相談支援センターの窓口で行うことが可能です。