平成25年4月1日から予防接種が変更されました。
新たに以下の予防接種が定期接種になりました。

 ・子宮頸がんワクチン
 ・ヒブワクチン及び小児用肺炎球菌ワクチン

BCG予防接種の対象年齢が生後3か月から生後11か月までに拡大されました。
日本脳炎予防接種の特例対象者が拡大されました。

 新たに平成7年4月2日生から平成7年5月31日生までの方が追加され、特例対象者は平成7年4月2日生から平成19年4月1日生までの方になりました。

長期療養者への予防接種が可能になりました。(原則2年以内)

 特定の疾患のため、定められた年齢で予防接種を受けることができなかった方への接種が可能になりました。(接種が可能になってから2年以内)

 特定の疾患については国が定めていますので、長期に療養している方で該当する可能性のある方は、健康推進課へご連絡ください。

関連リンク
子どもの予防接種