暴風警報・暴風雪警報・特別警報発令時等の対応

暴風警報・暴風雪警報・特別警報発令時等の対応についてはこちらへ。

ワクチン接種の予約受付の予定

ワクチン接種の予約受付の予定 (9月22日午前9時時点)

  • 現在、集団接種会場(しあわせ村)、個別医療機関の予約を受け付けています。
  • 次回は、9月30日(木曜日)午前9時から10月11日(月曜日)以降の集団接種会場(しあわせ村)、個別医療機関の接種予約を受け付けます。
  • 藤田医科大学で行われる新型コロナワクチンの大規模接種については、9月24日~26日までの接種予約を受け付けています。市内在住者(12歳以上)が対象となりますので、12歳から15歳までの方でも保護者同伴で接種を受けることができます。

  藤田医科大学会場の予約詳細ページ

接種予約に関する注意事項

  • 接種予約は、専用予約サイトまたはコールセンターへの電話でのみ受け付けます。
  • 医療機関での予約受付はできませんので、医療機関への問い合わせは、お控えください。

  予約方法(ページ内リンク)

  • 集団接種会場(しあわせ村)を予約を希望する方は2回分の予約が必要です。

    集団接種会場においては、ご自身で1 回目の予約確定後、続けて2回目も 必ず接種会場を集団接種会場(しあわせ村)として予約してください。(1回目から3~6週間の間隔を空けて)

                           

AIチャットボットがお答えします

「AIチャットボット」は、パソコンやスマートフォン等からの文字入力により、AIが会話形式で応答し、市のホームページ等に誘導することで、行政サービスの内容や手続きなどをご案内します。

質問を24時間受け付けておりますので、ぜひご活用ください。


 

 新型コロナウイルスワクチンについては、過去に前例のない規模、スピードで接種体制の構築を進めているため、お知らせしている情報については今後変更となる可能性があります。

 

特設サイトでは随時情報を更新していきますので、定期的にご確認ください。

 

新型コロナウイルスワクチンの情報について

 新型コロナウイルスワクチンの概要や最新情報については、首相官邸新型コロナワクチン特設ページ<外部リンク>をご確認ください。

 

 

目次

接種対象者および接種順位

接種対象者

住所地内で接種(原則)

接種を受ける日に、東海市の住民基本台帳に記録されている12歳以上の方(平時の定期接種と同様)

住所地外で接種(例外)

接種を受ける日に、東海市の住民基本台帳に記録されている12歳以上の方で、やむを得ない事情による場合には、例外的に市外でワクチン接種を受けることができます。なお、その場合には原則として接種を行う医療機関が所在する市町村へ事前に届出を行う必要があります。

 

<接種を行う医療機関が所在する市町村への届出が必要な方>

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • 単身赴任をしている方  等   

東海市への住所地外接種届出方法(住所地が東海市以外の方が、東海市内の医療機関で接種を受ける場合)

必要なもの ・ 接種券の写し(コピーなど)
      ・ 住所地外接種届(下記で届出書をダウンロードできます)

(1)窓口申請
健康推進課(しあわせ村)に、『住所地外接種届』および接種券の写し(コピーなど)を提出してください。
内容を確認し、『住所地外接種届出済証』を交付します。

(2)郵送申請
『住所地外接種届』を記載し、接種券の写し(コピーなど)と併せて、下記宛先まで郵送してください。
内容を確認し、後日、郵送で『住所地外接種届出済証』等をお送りします。
(郵送の場合は、1週間から10日程お時間がかかります)
また、住民票に記載の自治体から予診票を受け取っていなければ、予診票も併せて発送しますのでその旨住所地外接種届にご記載ください。

宛先 476-0003 東海市荒尾町西廻間2番地の1(しあわせ村内) ワクチン接種担当宛

※『住所地外接種届出済証』は、接種当日に会場へお持ちください。
受付で確認後に返却しますので、2回目の接種もお持ちください。

 

<接種を行う医療機関が所在する市町村への届出が不要な方>

  • 入院、入所している方
  • 基礎疾患をお持ちの方が主治医の下で接種する場合
  • 職域接種を受ける場合  等

接種券の再発行をしたい場合

接種券をなくしたり、破損したりした場合は、接種券の再発行を行います。

接種券再発行申請方法

必要なもの
  • 接種券再発行申請書(下記で申請書をダウンロードできます)
  • 接種券(破損した場合等で接種券がある場合)

(1)電話申請
コールセンター(電話 0120-123-912または052-601-6555) ※毎日午前9時~午後5時(土日祝含)へご連絡ください。

状況を伺い、再発行します。

(2)窓口申請
『接種券再発行申請書』を記載し、健康推進課(しあわせ村)に提出してください。内容を確認し、再発行します。

(3)郵送申請
『接種券再発行申請書』を記載し、下記宛先まで郵送してください。
内容を確認し、後日郵送で接種券をお送りします。

宛先 〒476-0003 東海市荒尾町西廻間2番地の1(しあわせ村内) ワクチン接種担当宛

東海市に転入し、接種券の発行をしたい場合

 東海市に転入し、東海市民となった方が接種を希望する場合は、 東海市の接種券の発行をする必要があります。

 (以前お住まいだった市町村の接種券では接種できません。)

 

発行手続き

 (1)必要なもの  ・ 転入者接種券発行申請書(下記で申請書をダウンロードできます)

           ※ 申請書は、市民窓口課に転入届を出した際にもお渡ししております。

 

 (2)申請方法   ア FAX(052-602-0390)で健康推進課へ送信

           イ 健康推進課あてに郵送

            (宛先 〒476-0003 東海市荒尾町西廻間2番地の1(しあわせ村内) ワクチン接種担当宛)

           ウ イの窓口へ持参(代理可)

 

 (3)発行方法   申請書を受領してから10日程度で住民票の住所へお送りします。

 

 (4)注意事項   ・ 申請は、接種可能年齢の都合上、平成22年(2010年)4月1日 以前に生まれた方に限ります。

                            ・ 申請日時点で11歳の方は、12歳になる誕生月の翌月上旬にお送りします。

                            ・ 申請書はお一人様につき1枚ご記入ください。

                            ・ 接種状況は、以前お住まいだった市町村の接種券などをよくご確認うえ、ご記入ください。

 

接種のスケジュール

対象者 接種券発送時期  予約開始日

65歳以上

 

4月12日(月曜日) 随時受け付けています

基礎疾患がある方

※要事前申請

事前申請受付後、順次発送  随時受け付けています
63~64歳の方 7月7日(水曜日)  随時受け付けています
60~62歳の方 7月14日(水曜日) 随時受け付けています
55~59歳の方  7月21日(水曜日)  随時受け付けています
16~54歳の方       
7月30日(金曜日)
随時受け付けています
12~15歳の方 8月10日(火曜日)(12歳の方は誕生月の翌月以降に発送)
随時受け付けています

 

集団接種

4月26日(月曜日)~実施中

個別接種 

5月10日(月曜日)~実施中

 接種費用

 無料で受けられます。

接種を受けられる場所

 12~15歳の方は接種できる医療機関が限られていますので、こちらをご確認ください。

集団接種会場

  • 供給される予定のワクチンの特性や、接種を行う医師の確保等の観点から
    しあわせ村健康ふれあい交流館(多目的ホール)で集団接種を行います。

 ※市役所会場は8月31日(火曜日)をもって終了しました。

市内の医療機関 

  • 実施中の医療機関

  公立西知多総合病院(中ノ池)、こじま内科(名和町)、早川医院(荒尾町)、じんのクリニック(荒尾町)、なかむら耳鼻科クリニック(荒尾町)、もしもしこどもクリニック(荒尾町)、如来山内科・外科クリニック(富貴ノ台)、富貴ノ台ファミリークリニック(富貴ノ台)、中央クリニック(東海町)、小川糖尿病内科クリニック(富木島町)、KaKo MEDICAL life CLINIC(富木島町)、富木島診療所(富木島町)、小嶋病院(大田町)、池田耳鼻咽喉科(大田町)、みわホームクリニック(大田町)、石橋クリニック(大田町)、まつしまクリニック(横須賀町)、吉田医院(高横須賀町)、、小児科ハヤカワ医院(高横須賀町)、のばたクリニック(養父町)、こいで内科医院(加木屋町)、かとう内科こどもクリニック(加木屋町)、あさくらクリニック(加木屋町)、 クリスタルファミリークリニック(加木屋町)、ふくおか耳鼻咽喉科(加木屋町)、加南クリニック(加木屋町)

医療機関へのお問い合わせは、お控えください。

会場設置に伴い一部施設の一般利用ができません

  • しあわせ村の下記施設は集団接種の会場等として使用するため、一般の方は利用できません。利用者の皆様にはご迷惑をおかけしますが、ご理解とご協力をお願いいたします。
 施設名 期間 
 健康ふれあい交流館(1階)多目的ホール  令和3年3月20日~12月28日(予定)
 健康ふれあい交流館(2階)集会室

 令和3年3月20日~12月28日(予定)

ただし、毎週土曜日は全日、日~金曜日は午後5時半以降利用可能

 保健福祉センター(3階)第1・2会議室  令和3年2月20日~12月28日(予定)
 健康ふれあい交流館(1階)温浴室

 令和3年9月4日~11月28日の毎週土曜日、日曜日(予定)

 

ワクチン接種全般

  • 市の接種会場については集団接種会場(しあわせ村)及び個別医療機関では、ファイザー社のワクチンを使用します。
  • 日本への供給が予定されているワクチンについては、全て一定期間を空けて2回接種する必要があります。
    ファイザー社のワクチンでは、通常、1回目の接種から3週間後に2回目の接種を受けます。また、モデルナ社のワクチンでは、通常、1回目の接種から4週間後に2回目の接種を受けます。
  • 予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。同意なく接種が行われることはありません。

接種を受けるまでの流れ

 東海市で予定している接種までの流れを掲載しています。

1 接種券が届く

 接種を受けるには市から接種順位に従って順番に発送される接種券が必要です。

 

2 予約をする(接種券受け取り後)
電話番号  0120-123-912 (フリーダイヤル)
052-601-6555
 予約サイト   https://v-yoyaku.jp/232220-tokai(外部リンク)
 参考: インターネット予約のマニュアル (外部リンク)

 

※ 市役所やしあわせ村への電話では予約を受付けることはできません。

※ WEBブラウザ「Internet Explorer」では予約システムを利用できません(サポート終了のため)。

なお、基礎疾患などのある方は、かかりつけ医などで接種可能か相談の上、予約をしてください。

 

3 接種会場で接種を受ける

 予約した日時に、接種券と予診票、本人確認書類(運転免許証、健康保険証など)を持参して接種会場へお越しください。

 ※ 本人確認書類の詳細は接種券に記載する予定です。

 接種の前に、予診票にその日の体調や病歴などを記入していただき、接種を受けても問題ないかの確認を行います。

 接種を受けた方には接種済証をお渡しします。

 

接種済証(証明書)について

 2回ワクチンを接種をした証明書が公に必要な場合は、一般的には、接種を受けた後にお渡しする接種済証又は接種記録書をご利用いただけますが、紛失した場合や医療従事者の方で接種済証が必要な方で、本市に接種記録が確認できる場合は、接種済証(証明書)を発行しますので、健康推進課の窓口にお申し出ください。

 なお、海外渡航向けの接種証明書が必要な方は、こちらをご覧ください。

 

新型コロナワクチン接種コールセンター

コールセンターでは医学的なことは答えられません。

基礎疾患などがあり、ワクチン接種に不安のある方は、かかりつけの医療機関にご相談ください。

ワクチン全般に関する相談窓口(厚生労働省)

厚生労働省は、新型コロナワクチンに関する電話相談窓口を設置しています。

電話番号 0120-761770
(フリーダイヤル)
開設時間

午前9時~午後9時(平日・土日祝日を含む)

※聴覚に障害のある方は、一般財団法人全日本ろうあ連盟ホームページ<外部リンク>をご覧ください。

 

接種の手続きに関する窓口(東海市)

東海市では新型コロナウイルスワクチンの接種に係る一般的な質問・相談や、予約(接種券郵送後)などを受け付けるコールセンターを開設しています。

新型コロナウイルスワクチン接種に関して、今後の予定や準備状況の確認、不安なことなどがありましたら、このコールセンターをご活用ください。

電話番号

0120-123-912(フリーダイヤル)

052-601-6555

 

開設時間

午前9時~午後5時
(平日・土日祝日を含む)

問い合わせ状況や接種状況を踏まえ、開設日時を変更する場合があります。

 

ワクチンの安全性

供給予定のワクチン

薬事承認され、予防接種法に基づいて接種できるワクチン


先行接種者健康状況調査

 厚生労働省では、先行的に接種を受けた約2万人の医療従事者を対象に、接種後一定期間(約1か月)に起こった症状・疾病に関する調査を行い、その結果を情報提供しています。

 

関連リンク

 

ワクチン接種をかたる不審電話にご注意ください

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、「接種の予約をするのでお金が必要」や「今申し込めば、人よりも早く接種が受けられる」などと言い、お金を振り込ませようとする詐欺が発生しています。

 市がワクチン接種のために金銭を要求することは絶対にありませんのでご注意ください。

 

新型コロナワクチン詐欺に関する注意喚起「行政機関等をかたった"なりすまし"にご注意」(外部リンク:愛知県警察)

[令和3年(2021年)6月3日更新]

新型コロナワクチンについてのQ&A(厚生労働省HP)

 

日本語(にほんご)での対応(たいおう)が難しい(むずかしい)方(かた)へ

  • 日本語(にほんご)での対応(たいおう)が難しい(むずかしい)方(かた)は、コールセンターをご利用(りよう)ください。英語(えいご)でのご案内(あんない)ができます。

電話番号(でんわばんごう):0120-123-912(フリーダイヤル)/052-601-6555

開設時間(かいせつじかん):AM9:00~PM5:00

  • 集団接種会場(しゅうだんせっしゅかいじょう)には外国語(がいこくご)に翻訳(ほんやく)された予診票(よしんひょう)、接種(せっしゅ)のお知らせを用意(ようい)しています。
  • 健康推進課(けんこうすいしんか)では翻訳機(ほんやくき)のご用意(ようい)もしています。
  • そのほか、外国語(がいこくご)で相談(そうだん)したい方(かた)は以下をご参考(さんこう)ください。

あいち多文化共生センター(Aichi multicultual center) (外部リンク)

厚生労働省(COVID-19 Multilingual Guide) (外部リンク)