住宅・土地統計調査にご協力をお願いします

住宅土地統計調査バナー画像

 

総務省統計局では、10月1日現在で住宅・土地統計調査を実施します。

この調査は、住生活に関する最も基本的で重要な調査で、全国約370万世帯、東海市では約2,500世帯の方々を対象とした大規模な調査です。

対象となる世帯は、定められた方法に従い無作為に抽出されて決定します。

また、統計法により統計調査の回答は義務づけられています。

調査対象となったら調査員がお願いに伺いますので、調査へのご協力をお願いいたします。

住宅・土地統計調査のはなし(PDF形式 5465KB)

調査のねらい

今回の調査では、住宅数や国民の居住状況だけでなく、

  • 高齢化社会を支える居住環境
  • 耐震性・防火性等の住宅性能水準の達成度
  • 土地の利用状況
  • 空き家の実態

を把握することをねらいとしています。

調査結果の利活用

調査結果は、

  • 住生活に関する計画
  • 耐震・防災を中心とした都市計画の策定
  • 様々な社会問題を引き起こす要因となる空き家に係る対策  など、

国民の身近な住生活環境の改善に幅広く活用されます。

回答のお願い

調査期間中、統計調査員が調査書類を配布いたします。調査への回答は、

インターネットでの回答(パソコン、スマートフォン、タブレット端末)

紙の調査票(郵送での提出、調査員による回収)

での回答をお願いします。

なお、調査により集められた調査票の記入内容は、「統計法」によって厳重に保護されます。統計調査員をはじめとする調査関係者が調査で知り得た内容を他に漏らしたり、統計を作成・分析する目的以外に調査票を使用することは絶対にありません。これらの行為は、「統計法」により固く禁じられていますので、安心してありのままをご回答くださるようお願いします。

総務省統計局キャンペーンサイト

住宅土地統計調査キャンペーンサイト

↑回答の作成方法など詳しい情報はこちらへ
<リンク先組織名:総務省統計局>
※市以外のページへリンクします。