慢性期等病院の開院について

慢性期等病院の開院について

  知多市、東海市、医療法人贈恩会で締結した「慢性期等に係る病院の管理運営に関する基本協定」に基づき準備を進めてきた、旧知多市民病院を利用して運営する慢性期等病院の開院については次のとおりです。

病院名

知多小嶋記念病院

住所

知多市新知字永井2番地の1

運営事業者

医療法人贈恩会(ぞうおんかい)

開院年月日(入院患者受入開始日)

平成29年1月15日(日)

外来診療開始年月日

平成29年1月21日(土)

病床数

227床(慢性期病床132床、回復期病床95床)

外来診療科目

内科、整形外科を基本とする。  

慢性期等病院運営事業者との基本協定締結について

   東海市は、知多市と共同で、優先交渉権者の医療法人贈恩会と旧知多市民病院を利用して運営する慢性期等の病院について、協議を進めてきましたが、このたび次のとおり、病院の管理運営に関する基本協定を締結しました。

 
   基本協定書(PDF形式:152KB)

 
   別図1(土地)(PDF形式:28KB)

 
   別図2(建物)(PDF形式:38KB)

 

慢性期等病院運営事業者の決定について

 
   東海市及び知多市は、両市の地域に不足している慢性期等の医療を確保するため、旧知多市民病院の施設を活用して、慢性期等の医療を提供する病院を運営する事業者を募集してきましたが、事業者の応募に対し有識者等による選定委員会の選定等を踏まえ、優先交渉権者として次のとおり決定しました。

優先交渉権者

 
   医療法人  贈恩会(ぞうおんかい)

      理事長  小嶋  真一郎
 

主な提案


(1) 平成28年冬に慢性期病床81床及び回復期病床54床の合計135床を整備して病院を開設し、以降段階的に療養病棟、障害者施設病棟等を整備して病床数を増やす。

(2) 総合内科、整形外科、眼科、神経内科(脳外)及び耳鼻咽喉科の外来診療を行う。

(3) 知多市内の診療所から紹介のある軽度の疾患については、当該病院の回復期病棟で、重度の疾患については、公立西知多総合病院の急性期病棟で対応する等、公立西知多総合病院と機能分担を図る。

(4) 診療所との紹介及び逆紹介、入退院のルールづくりや介護福祉施設からの軽症患者の入院、検査入院等、これらの施設の運営を支援する体制を整える。
 

主な選定理由

 

(1) 十分な慢性期病床数が確保されており、療養病棟に加え障害者施設病棟の整備により、幅広い慢性期患者の受入れが可能となること。

(2) 公立西知多総合病院、地元医師団等との機能分担や連携体制が具体的に示されるとともに両市への積極的な協力体制が明確になっており、地域連携を最も重視した取組となっていること。

(3) 平成28年中に100床以上の病床を整備する等、スピード感を持ったスケジュール設定である一方、段階的な病棟整備を行うことにより無理のない職員確保が可能であること。

                          

参考事項

(1) 応募者数

      3医療法人

(2) 次点者


      医療法人  愛誠会(あいせいかい)
    
      理事長  多田  宏行

(3) 今後の予定
  
      優先交渉権者である医療法人贈恩会と10月下旬を目処に基本的事項に関する協定を締結予定
                           

質問及び回答について

 
   平成27年7月21日から7月31日までの期間で受け付けた質問に対する回答につきましては、次の質問回答書のとおりです。 

   質問回答書(PDF形式:123KB)

慢性期等病院運営事業者の募集について


   東海市及び知多市は、両市の地域に不足している慢性期等の医療を確保するため、旧知多市民病院の施設を活用して、慢性期等の医療を提供する病院を運営する事業者を募集します。
  

募集の方法


   公募型プロポーザル方式により、旧知多市民病院の施設の具体的な利用方法等について提案を求めるものです。


公募条件

(1) 慢性期病床を主として、おおむね100床以上運営すること。

(2) 公立西知多総合病院の持つ急性期の機能を十分に発揮させるための医療を行うこと。

(3) 慢性期等の医療に合わせて必要な内科などの外来診療機能を提供すること。

(4) 10年以上安定的、持続的な医療を提供すること。

(5) 地域に開かれた医療を行い、地元医師会及び医師団並びに介護福祉施設等と連携すること。

(6) 保健・医療・福祉施策を始め、東海市及び、知多市の各種施策に協力すること。

(7) 平成27年11月下旬に予定される病床整備計画受付期間内に病床整備計画書を提出すること。

(8) できる限り早期の病院開設を目指すこととし、遅くとも平成29年4月までに病院を開設すること。

(9) 土地及び建物は、10年間の無償貸付とする。

(10) 土地及び建物は現状有姿で引き渡し、施設改修に要する経費、光熱水費等は事業者の負担とする。

(11) 施設改修の内容及び必要経費等を提案すること。なお、建物の機能維持を図るための改修等、開設準備に要する経費に対し、一定の交付金を交付する。

(12) 現存する医療機器等は、必要に応じて無償譲渡する。

スケジュール

 

項目

日程 

現地説明会

平成27年7月17日

質問の受付期間

平成27年7月21日 ~ 平成27年7月31日

質問への回答

平成27年8月7日

応募書類の受付期間

平成27年8月10日 ~ 平成27年8月31日

ヒアリングの実施

平成27年9月11日

選定結果の通知

平成27年9月15日

 

公募要領、評価基準等


  東海市 ・知多市慢性期等病院運営事業者公募要領(PDF形式:415KB)

     
                 (様式1)応募申込書(DOC形式:34KB)

     
                
(様式2)慢性期等病院運営提案書(DOC形式:52KB)    
               
                 (様式2_別紙)収支計画(XLS形式:57KB)

     
                 (様式2_別図)配置図(PDF形式:27KB)

     
                 (様式2_別図)平面図(PDF形式:36KB)

 
  施設概要(PDF形式:325KB)

 
  地番図(PDF形式:57KB)

 
  建物内訳(PDF形式:64KB)

 
  建物配置図(PDF形式:26KB)

 
  建物平面図(PDF形式:603KB)

 
  東海市・知多市慢性期等病院運営事業者選定委員会評価基準(PDF形式:135KB)


知多市慢性期等病院開設準備交付金について

 
   東海市・知多市慢性期等病院運営事業者公募要領に基づき選定され、基本的事項に関する協定を締結する事業者が行う病院の開設準備に要する経費に対し、一定の交付金を交付します。

   詳細は次の要綱のとおりです。
    
   知多市慢性期等病院開設準備交付金交付要綱(PDF形式:133KB)