記載事項変更申請(氏名・本籍地の都道府県名に変更があった場合)
氏名や本籍地の都道府県に変更のあった方は、「記載事項変更申請」又は「切替申請」のいずれかの手続きによりパスポートの記載事項を変更することができます。
1  記載事項変更申請
     現在お持ちのパスポートの有効期間満了日が引き継がれます。
2  切替申請
     現在お持ちのパスポートの残存期間は無効となります。(「切替申請」についてはこちらをご確認ください。)
※どちらの申請も、現在お持ちのパスポートは失効し、新しいパスポート冊子となり、旅券番号も変わります。

記載事項変更申請に必要な書類

1  一般旅券記載事項変更申請書
2  変更するパスポート
3  変更経緯のわかる戸籍謄本(全部事項証明)又は戸籍抄本(個人事項証明)…発行日から6ヶ月以内のもの

※令和5年3月27日から戸籍謄本のみ(戸籍抄本は不可)となります。
※現行のパスポートの取得後、何回か氏名・本籍などを変更したが、その都度パスポートの訂正をしていない方は、最新の戸籍に加えて、現行のパスポートの取得時の氏名・本籍などが記載された戸籍(改製原戸籍・除籍謄本など)も必要です。
4  パスポート用写真 1枚
※写真規格はこちら(「新規・切替申請に必要な書類」)の該当箇所をご確認ください。