TEC-FORCE活動計画(受援計画)に係る中核活動拠点の選定について

テックフォース活動計画

 

国土交通省では、南海トラフ地震による広範囲にわたる被害に備え、発災後速やかに、全国のTEC-FORCE(緊急災害対策派遣隊)を被災地に派遣し、支援することとしています。

 

中部地方整備局は、この考えを一歩進め、迅速かつ的確な派遣と、応急対策活動を実現するため、受け入れ体制やその派遣計画を具体的に定めた「南海トラフ巨大地震におけるTEC-FORCE活動計画(受援計画)」を策定し、この7月1日から施行されました。

 

この計画の中で、東海市は知多半島、及び三河地区の蒲郡市までの臨海部付近の区域に入り、東海市がその中核活動拠点として選定されたことをお知らせします。

 

詳しくは、 こちらをご覧ください。

<外部リンク:国土交通省>