火を使用する全ての飲食店等で消火器の設置が義務となります

 

概要

 平成28年(2016年)に新潟県糸魚川市の飲食店から出火した大規模火災を受け、平成30年(2018年)3月28日に消防法施行令が一部改正されました。延べ面積150平方メートル未満の飲食店等においても令和元年(2019年)10月1日までに消火器具の設置が義務付けられました。飲食店を営む施設の内、対象となる「火を使用する設備又は器具」をお使いの場合は、消火器具の設置が必要となります。

 なお、「火を使用する設備又は器具」に防火上有効な措置がされていれば消火器の設置が免除されます。設置の要否に関するお問い合わせは消防本部予防課予防・査察担当まで。

  チラシ.pdf(pdf形式 2430KB)

 

点検・報告

 消火器の設置が必要となった飲食店等は消火器の点検を6か月ごとに実施し、1年に1回以上消防本部へ報告する必要があります。消火器が比較的新しい場合は、点検を自らで行い報告することもできます。詳しくは「自ら行う消火器の点検報告」と「消火器の点検結果報告書様式」を参考にしてください。

  自ら行う消火器の点検報告.pdf(pdf形式 3078KB)

  消火器の点検結果報告書様式.doc(word形式 110KB)

 

 なお、簡単に点検と報告が行える「消火器点検アプリ」もご活用ください。

  消火器点検アプリ(外部リンク)