津波災害警戒区域の指定について

 愛知県が津波災害警戒区域を指定しました

「津波防災地域づくりに関する法律」に基づき、愛知県が7月30日に「津波災害警戒区域」を指定しました。

 本市においても、従来の津波浸水想定区域が「津波災害警戒区域」に指定されました。

 

津波災害警戒区域とは、最大クラスの津波が発生した場合に、住民の生命又は身体に危害が生ずる恐れがある区域です。

津波が建物に衝突した際のせり上がりを考慮した「基準水位」が公表されたことにより、適切な避難場所の高さが明確となり、津波から「逃げる」ための警戒避難体制の整備が促進されます。

 

基準水位

 

・警戒区域内に土地利用規制はありません。

・警戒区域内の要配慮者利用施設は、避難確保計画の作成が義務付けられます。

 

津波災害警戒区域は、以下のリンクからご確認ください。

 

愛知県統合型地理情報システム「マップあいち」〈外部リンク〉

愛知県河川課ホームページ〈外部リンク〉

 

また、東海市役所2階 防災危機管理課の公示図書でもご確認いただけます。