11月10日(日)から16日(土)は「アルコール関連問題啓発週間」です

11月10日(日曜日)から16日(土曜日)は「アルコール関連問題啓発週間」です。

 

アルコールの多量飲酒や未成年や妊婦の飲酒などの不適切な飲酒は、がん等の臓器障害、アルコール依存症、さらには暴力・虐待や飲酒運転、うつ・自殺などのリスクを高める危険性もあります。

本人のみならず、その家族や社会にも深刻な事態をもたらす、お酒にまつわるさまざまな問題をひとりひとりが理解し、アルコール健康被害の予防とお酒の問題について、この機会に考えてみませんか。