令和元年(2019年)10月1日から地方税共通納税システムが開始されます

地方税共通納税システムとは

地方税共通納税システムとは、eLTAXを利用して、すべての都道府県・市区町村へ、自宅や職員のパソコンから電子納税できる仕組みです。

地方税共通納税システムを利用することにより、複数の地方公共団体へ一括して電子納税ができるようになります。

※eLTAXは、すべての地方公共団体で組織する「地方税共同機構」が運営するポータルシステムの呼称で、地方税における手続きを、インターネットを利用して電子的に行うシステムです。

納税できる税目の種類

・市県民税(特別徴収/退職所得に係る納入申告)

・法人市町村民税

・事業所税

・法人事業税

・法人県民税

・法人事業税

・地方法人特別税

 ※東海市で納税できる税目は、市県民税(特別徴収、退職所得分)と法人市民税のみです。

地方税共通納税システムのメリット

・すべての都道府県・市区町村へ電子納税できます。

・ダイレクト納付(事前に登録した金融機関口座を指定して、直接税金を納付する方法)ができます。

・金融機関窓口等へのお出かけが不要となります。

・複数の地方公共団体へ一括して電子納税できます。

・手数料は無料です。

利用方法

利用方法などの詳細は、eLTAXのホームページ( 外部リンク)をご覧ください。ご不明な点は、次のお問合せ先までご連絡ください。

eLTAXヘルプデスク

受付時間

午前9時から午後5時(土・日・祝日、年末年始を除く)

電話番号

0570-081459