【東海市独自支援制度】新型コロナウイルス感染症対策営農継続支援補助事業

農業者の方が購入した出荷・販売用資材購入費の一部を補助します

制度概要

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う外食産業の停滞や学校給食の休止などにより、さまざまな農産物の販売量の減少及び市場価格の下落が生じていることを踏まえ、市内の農業者を広く支援するため、出荷。販売用資材の購入費の一部を助成し、農業経営に掛かる経費負担の軽減を図り、営農の継続を支援する東海市独自の農業者向けの支援制度です。

 ○制度概要チラシ.pdf(602KB)

補助対象者

 東海市内に住所を有する農業者又は農業法人
 ※申請は、農地基本台帳に基づく、農業経営体単位とし、同一経営体からの申請は1回限りです

補助対象経費

 令和2年4月1日から令和3年3月15日(月)までの間に農業者が購入した出荷・販売用資材購入費

【出荷・販売用資材の例】

 段ボール箱や出荷用ネット・ラベル・ビニール袋、花き用鉢など
 ※幅広く市内農業者の皆様を支援するため、購入する出荷・販売用資材の数量は経営規模に合った通年と同じ規模の範囲内としてください。

補助額

 出荷・販売用資材購入費の2分の1以内(上限10万円)
 ※100円未満の端数が生じたときは、その端数を切り捨てた額が補助額です。

申請方法

1 主にあいち知多農業協同組合から出荷・販売用資材を購入している方

 東海営農センター(0562-33-5603)に申請方法をお問い合わせください。

2 主にあいち知多農業協同組合以外から出荷・販売用資材を購入している方

 ①申請書及び②事業計画書・収支予算書【(PDF)申請書等.pdf(69KB)/(Word)申請書等.doc(44KB)】東海市役所農務課(5階)へ提出してください。

申請期間

 令和2年10月1日(木曜日)から令和3年3月31日(水曜日)まで