メッセージ

 東海市長の花田勝重です。
 長期間にわたり市民の皆様や事業者の皆様には、新型コロナウイルス感染防止対策にご理解とご協力をいただき、心から感謝申し上げます。
 8月27日から9月12日まで愛知県に「緊急事態宣言」が発出されていましたが、現在もなお、感染者数が多い状態で推移していることなどから、さらに、9月30日まで延長されることになりました。
感染者の状況としまして、依然として若い方を中心として感染者が増え、デルタ株の感染が顕著となっている状況が続いているため、引き続き、強い感染防止対策が必要であると考えております。
市としましては、既に9月30日まで、夜間外出の抑制を図ることを目的として、公共施設の開館時間を午後5時までとしておりますが、引き続き、この期間においては、市が主催する各種イベントや行事についても、中止や延期、縮小などの対応を講じ、日中を含めた不要不急の外出の抑制を図ることで、人と人との接触機会を減らし、感染拡大を防いでまいります。
 また、市の職員に対しましては、これまでも、十分な感染防止対策を取るよう指示してきましたが、さらに徹底することを、改めて、私の方から直接、指示いたしました。
 市民の皆様におかれましては、基本的な感染防止対策を徹底し、「感染しない、感染させない」行動をお願いするとともに、不要不急の外出や、大人数、長時間の集まりの自粛、食事の場面を中心としたマスクなしの会話を避け、人と人の距離を充分にとること。また、定期的な換気、手洗いや手指消毒を徹底していただくようお願いします。
 この感染拡大状況を一日でも早く収束させるため、ワクチン接種をさらに加速化し、集団接種と個別接種に加え、市内の事業所が行う職域接種や県が行う藤田医科大学などでの大規模集団接種と連携し、早期に希望する方全員に2回の接種ができるよう、全力で接種を進めてまいります。
 ご不便、ご苦労をお掛けしますが、大切な家族・大切な知人を守るためにも、市民の皆様のさらなる感染防止対策の徹底をお願いします。

令和3年(2021年)9月10日

東海市長 花田 勝重